アイシングループと愛知県岡崎市が包括連携協定を締結~岡崎市の住みよいまちづくりに向け、アイシングループが持つ技術やノウハウを活用した様々なサービスの提案や実証実験を進めていく~

2020.08.03

事業展開

     当社と、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社(本社:愛知県安城市、取締役社長:尾﨑和久 以下、エィ・ダブリュ)は、自治体が抱える様々な社会課題解決に向け、自治体と連携を強化し、一緒になって課題解決していくため、岡崎市と包括連携協定を締結いたしました。

     現在、地方自治体では、交通の不便な地域における公共交通の確保や、働きやすく、子育てしやすい街づくりなど、地域活性化や安心な暮らしの実現をめざし、様々な社会課題に向け、取り組みを検討されています。

     一方、アイシングループは創業以来、「品質至上」を基本理念とし、お客様に喜ばれる魅力ある商品づくりに取り組むとともに、「豊かな社会づくりへの貢献」「社会・自然との調和」を経営理念に掲げ、持続可能な社会の実現に貢献する企業行動の実践を推進していまいりました。2018年に豊明市で運用を開始した「チョイソコ」では、地域の交通不便解消や、外出促進に貢献するデマンド型交通はもちろんのこと、単なる送迎サービスとは異なり、高齢者の健康増進につながる、外出機会の"コト"づくりを促進する狙いも持ち、豊明市での運用開始以降、様々な自治体で導入いただいております。

     今回、岡崎市とは、このような乗合送迎サービス「チョイソコ」の運用や、託児所付きのワークスペースの提供やそれらへの送迎をはじめとする「子育て支援」の様々な企画など、岡崎市とアイシングループが連携することで、自治体が抱える社会課題解決を一層加速させるべく、この度の岡崎市との包括連携協定締結に至りました。

     アイシングループは、これまでも岡崎市とともに、市民の皆様が安全に、安心して道路を利用して頂ける環境を実現に向け、我々が持つコネクティッド技術とセンサ情報分析技術を用いた、道路維持管理支援サービスの実証実験を2019年10月から行うなど、連携を行ってまいりました。

     この度の包括連携協定にて、「チョイソコ」の運用、「子育て支援」をはじめ、幅広いサービスの提案や実証実験を行うことで、市民の皆様の住みよい街づくりに貢献していきたいと考えています。

【提供サービス事例】

■乗合送迎サービス「チョイソコ」のしくみ
 
                      複数の利用者の目的地・到着時刻を専用システムにより計算し、複数の方が乗り合わせた上で目的地までお送りするしくみ。



■子育て支援