アイシングループの光南工業が水素ステーションを開設~来る水素社会の実現に向け、水素エネルギーの普及に貢献していく~※光南工業株式会社からのニュースリリースです

2020.04.21

サステナビリティ

当社の関連子会社である光南工業株式会社(本社:愛知県豊田市、取締役社長:中野貴文 以下、光南工業)は、日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)と共同で、愛知県刈谷市に水素ステーションを開設することを決定しました。2021年4月の開業を目指し、準備を進めていきます。

 光南工業は、石油・ガスのエネルギー販売と当社のガスヒートポンプエアコン(GHP)の空調工事・機器販売を軸に、事業を展開しています。また、将来のエネルギーの脱炭素化を視野に入れ、今回の水素ステーション開設を機に、石油由来からクリーンなエネルギーへの転換を推進する事業への参入を進めていきます。

 また、エネルギー使用の削減と水素を中心としたクリーンエネルギーの活用を進めるため、当社と刈谷市に本社を置くトヨタグループ各社は、従業員の通勤バスとして燃料電池バス(SORA)の導入を検討しています。

 アイシングループは、低炭素技術を基本に、GHP、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)、ガスエンジンコージェネレーションシステム(コレモ)などの普及に努めてきました。これからもSDGsにおける「地球温暖化防止」「クリーンエネルギー転換への推進」を優先課題と捉え、脱炭素、循環型社会に向けたエネルギー関連の開発を推進し、水素を活用する脱炭素技術の高度化をより一層進めることで、持続可能な社会に貢献していきます。

※SORA・・・トヨタ自動車が販売する燃料電池バス



【水素ステーション 概要】

名称

光南刈谷水素ステーション (仮称)

開業時期

2021年4月

所在地

愛知県刈谷市昭和町2丁目18番地

設備仕様

・オフサイト式の定置型ステーション

・充填能力 300Nm3/時間

・充填圧力 82Mps

・ドライブスルー洗車機設置

 


【水素ステーション 完成予想図】

【光南工業株式会社 会社概要】(2020年4月現在) 

設立

昭和34年2月2日

資本金

78百万円

株主

アイシン化工(株)、アイシン精機(株)、アイシン開発(株)、

アイシン高丘(株)、アイシン・エィ・ダブリュ(株)

売上高

219億円(2019年3月期)

従業員数

127名(2020年3月末現在) 

取締役社長

中野 貴文

本社所在地

〒473-0928 愛知県豊田市生駒町寿18番地

営業所

北海道営業所(苫小牧市)・東北営業所(仙台市)・北陸営業所(富山市)・九州営業所(菊池郡)

サービス・

ステーション

豊田市(1)・刈谷市(1)・安城市(2)・西尾市(1)・岡崎市(1)・名古屋市(1)