乗り合い送迎サービス「チョイソコ」、岐阜県各務原市で10月から運行開始

2020.02.12

製品・展示会情報

 当社は、乗り合い送迎サービス「チョイソコ」の実証実験を、岐阜県各務原市(市長:浅野健司 以下、各務原市)で2020年10月から実施します。

 乗り合い送迎サービス「チョイソコ」は、高齢者を中心とした人々の健康維持・増進を目指した移動支援サービスで、2018年7月より豊明市と共同で実証実験を開始し2019年4月から本格的に運行を開始しています。
高齢化が進む中で、"買い物難民"や自力での通院が困難である"医療難民"の増加が社会問題となっており、「チョイソコ」はこのような問題の解決に向け、地域の皆様と医療機関や公共施設、フィットネス・スーパーマーケット等の施設を結ぶ移動支援を行うことを目的としています。
 「チョイソコ」は、複数の利用者の目的地・到着時刻を専用システムにより計算し、複数の方が乗り合わせた上で目的地まで効率的に送迎するデマンド型交通で、地図上のルートの計算には、グループ内で培ったカーナビゲーションの技術を応用しています。

 各務原市では、自治体が運営する公共交通機関として、すでに「ふれあいバス」「ふれあいタクシー」といったデマンド型交通を導入していますが、大型車両が通行できないエリアにおける生活の足の確保などの課題を抱えています。「チョイソコ」の導入により現状の課題を解決し、より快適な地域住民の移動サポートの実現をめざしています。
導入にあたっては、タクシー業者、地域企業の協力を得ながら、2020年10月に同市内の鵜沼南エリアから運行を開始する予定です。運転手の効率的な確保や、スポンサー制による資金運用など、「チョイソコ」の特長を活かした持続可能なサービスの拡充を進めていきます。

 「チョイソコ」は他にも、トヨタの販売店を運営主体とした運営も行っています。2019年12月に発表した兵庫県猪名川町(運営:ネッツトヨタ神戸株式会社)に加え、鹿児島県志布志市(運営:トヨタカローラ鹿児島株式会社)と群馬県明和町(運営:群馬トヨタ自動車株式会社)でも導入に向けた取り組みを進めています。

アイシンは、これまで培ってきた幅広い領域の技術をもって自動車業界の変革に対応し、人々が求める「クルマ」や「移動」の社会づくりに貢献してまいります。