省エネ性の向上と軽量化を実現したガスヒートポンプエアコンの新モデル「GHP XAIR(エグゼア)Ⅲ」を発売

2020.02.04

製品・展示会情報

 当社は、省エネで軽量化を実現したGHP(ガスヒートポンプエアコン)Gシリーズ「GHP XAIR(エグゼア)Ⅲ」※1(以下「本製品」)を、2020年4月よりガス会社を通じて発売します※2。 

 GHPとは、ガス(都市ガス、プロパンなど)を燃料にエンジンを駆動させてヒートポンプを動かし、冷暖房を行う空調システムです。電気エアコンと比べて電気消費量を大幅にカットできるため、電力需要の平準化に貢献します。当社は1987年より市場に参入しており、今回発表する「GHP XAIRⅢ」は最新モデルとなります。

「GHP XAIRⅢ」の主な特長は以下のとおりです。
■冷媒配管など冷媒系部品の見直しにより冷媒圧力損失の軽減やコンプレッサーの圧縮効率向上を実現。
 APFp2.09以上※3を達成しました。(従来機比、エネルギー効率約10%向上)
■主要部品構成の見直しにより、従来製品と同じ設置面積を保ったまま、最大で13%の軽量化を実現。
 これにより、屋上などに設置する際の建物への重量負荷を軽減します。
■最適化した熱交換器の採用により、外気温50℃や積雪時などタフな環境でも冷暖房運転を継続し、快適性を維持します。

  当社はこれからも、省エネルギーや環境負荷低減に貢献する空調システムの普及拡大に努めるとともに、ユーザーの期待に応える商品やサービスの開発、提案を行っていきます。

  なお、2020年3月3日(火)から6日(金)に幕張メッセで行われる「HVAC&R 2020(一般社団法人 日本冷凍空調工業会様主催)」の当社ブースにおいて、本製品の紹介を行います。

※1:「XAIRⅢ」およびXAIRⅢロゴは東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、東邦ガス株式会社の商標です。
※2:本製品は、4月から各地のガス事業者などを通して全国に発売していく予定です。
※3:通年エネルギー効率のことで、数値が大きいほど高効率である事を示します。


【Gシリーズ発売時期、ラインアップ】

冷房能力

45kW

56kW

71kW

85kW

馬力相当

16馬力

20馬力

25馬力

30馬力

発売時期

2020年春 予定

外形寸法

高さ(mm)

2195

幅(mm)

1660

奥行(mm)

880

ラインアップ

標準/連結タイプ

※それぞれリニューアル対応機、塩害仕様もラインアップしています。