アイシングループとして初の統合報告書「アイシングループレポート2019」を発行

2019.09.30

CSR

 当社は、投資家をはじめとしたあらゆるステークホルダーの皆様を対象に、より積極的なコミュニケーションを図るツールとして、「アイシングループレポート2019」(統合報告書)を初めて発行し、本日より、当社の公式企業サイト「サステナビリティ」ページにて公開しました。

 本報告書は、財務情報に加え、アイシングループ全体の成長戦略やESG(環境・社会・ガバナンス)を含めた事業活動について、統合的に記載しています。

 アイシングループは、創業以来、「品質至上」を基本理念とし、お客様に喜ばれる魅力ある商品づくりに取り組んできました。また、「豊かな社会づくりへの貢献」「社会・自然との調和」を経営理念に掲げ、持続可能な社会の実現に貢献する企業行動の実践を推進しています。

 この度、本報告書では従来に比べて財務情報の充実したことに加え、持続可能な社会の実現に向け、当社グループがどのように価値を創造していくかという「価値創造プロセス」を改めて整理し、明確にしました。また、今年5月に選定したSDGs優先課題(マテリアリティ)についても、選定プロセスを明示しています。さらに、当社グループの強みである幅広い事業領域について、2018年度の取り組みを領域ごとに紹介しています。

 アイシングループは、本報告書のほか、当社の公式企業サイトや有価証券報告書、株主報告書等の発⾏物や、様々な対話の機会を通じ、今後も、あらゆるステークホルダーの皆様とのコミュニケーションをさらに深めていきます。

■公式企業サイト「サステナビリティ」ページ
■統合報告書オンライン版

「アイシングループレポート2019 統合報告書」