岩手県花巻矢沢地区にて希少種生息環境の保全活動を実施

2019.08.07

トピックス

 8月4日(日)、当社をはじめとするアイシングループは、生物多様性への貢献を目的に、アイシン東北株式会社が拠点を置く岩手県の「花巻矢沢地区ため池」において、地域住民とともに絶滅の危機がある生物の生息環境の保全活動を実施しました。当活動は、矢沢地域の自然保護を考える会とともに毎年行っており、今年で3回目です。 

 今回活動を行った花巻矢沢地区ため池に生息する淡水魚の「ゼニタナゴ」は、環境省のレッドリストに掲載されている天然記念物です。当日は、ゼニタナゴの生息環境を守るために、外来種(アメリカザリガニ)の駆除や草刈りなどを行いました。 

 アイシングループは、今後もこのような活動を継続して行い、生物多様性に貢献していきます。

 

【活動概要】
実施日時:2019年8月4日(日) 8:20~12:30
場所:岩手県花巻矢沢地区
内容:
   ・外来種(アメリカザリガニ)の駆除作業
   ・成長したゼニタナゴの保護(稚魚用の環境からため池へ放流)
   ・草刈り など
参加人数:計45名 (アイシングループ9社 計12名含む)

ゼニタナゴ


活動の様子