役員人事ならびに組織変更について

2019.02.25

組織・人事・採用

 当社は、2019年2月25日開催の取締役会において、下記のとおり、役員の異動について、決議・内定いたしましたので、お知らせいたします。
 なお、2019年4月1日より、執行役員は階層を減らし、副社長執行役員および執行役員により構成される体制に変更いたします。これにより、執行役員全員が現場に密着し、スピード感をもって業務執行できるようにします。
また、2019年定時株主総会後より、経営体制をスリム化し、取締役9名体制(現在14名)とすることにより、意思決定と業務執行の分離を進め、迅速な意思決定および業務執行の更なる監督強化を図ります。
 今回の変更により、役員(取締役、監査役および執行役員)の人数は、現在の48名から株主総会後に32名となります。
 社長の伊勢清貴は「100年に一度の大変革期を乗りきるため、役員制度を変更し、グループ全体で構造改革を一気に進め、強固な事業基盤を早期に確立していきます。」と述べました。

1. 役員制度の変更について

 現在の副社長執行役員、専務役員、常務役員の3階層体制から、副社長執行役員と執行役員の2階層体制に変更します。執行役員は、主に本部長の役割を担います。


2. 役員異動について

(1) 2019年4月1日付の変更・・・【別紙①】参照

(2) 第96回定時株主総会日付の変更・・・【別紙②】参照

(3) 2019年4月1日付役員体制と第96回定時株主総会後の役員体制・・・【別紙③】参照


3. 組織変更の内容

① グループ経営本部の体制見直し
「リスク統制」「危機広報・ブランド戦略・企業PR」「グループIT体制」について、経営戦略と同期し、スピーディに実行していくため、ERM部、広報部、ITマネジメント部をグループ経営本部へ配置する。

② 調達本部の体制見直し
「グループとしての総合力発揮」と「次世代成長商品及び、グループでの効率的な海外対応」、「調達基盤の強化」のため、各商品本部に配置されている調達グループを調達本部へ集約し、調達本部をグループ調達本部へ名称変更するとともに、部品調達部を新設する。

③ 自動車部品営業本部の体制見直し
「顧客軸活動の強化」と「リーンな営業体制」に向け、各商品本部に配置されている営業部を自動車部品営業本部へ集約し、ユニット営業部、ボデー営業部を設置するとともに、「グループ一体拡販活動強化」のため、グローバル営業部を新設する。また、第一グローバル営業部を西日本営業部へ、第二グローバル営業部を東日本営業部へ名称変更する。

④ 第一生技開発部・第二生技開発部の変更
開発実施内容と部名称を一致させるため、第一生技開発部を生産革新推進部へ、第二生技開発部を生技開発部へ名称変更し、各部に所属するグループを適切な部署に再編する。

⑤ ダイカスト事業推進部の新設
グローバルでの事業強化の迅速な実施に向け、西尾ダイカスト工場に配置されているダイカスト事業推進グループをダイカスト事業推進部へ改め、パワートレイン商品本部の直下に配置する。


4. 管掌変更(変更がある場合のみ記載)・・・【別紙④】参照
(1)役員の管掌変更              19名
(2)退任役員                 5名