ソフトウェアの重要性 / 環境 / 安全 / 快適

ソフトウェアで社会をより良く、
“技術の進歩”と“心の豊かさ”を同時に追求

ECU

これからの自動車開発は、運転支援技術や自動運転などが普及し、ソフトウェアが重要な技術要素となります。車載ネットワークを介して、複数のECUが連携・協調制御を行うようになり、ソフトウェアの機能・構成はますます複雑化しています。技術の進化や社会インフラの整備によって今後さらにクルマは発展しますが、私たちは、そのキーとなるソフトウェア開発のプロフェッショナルとして、“環境・安全・快適“すべてのニーズに応える総合力で、機械(メカ)だけでは実現が難しい新しいシステムを生み出します。

ソフトウェア開発

”環境・安全・快適”すべてのニーズに応える総合力

環境 地球の未来と向き合う

美しい地球の環境保全を第一に、限られたエネルギーを効率的に利用する製品の開発に取り組んでいます。
様々に変化する環境の中で、最適な車両性能が発揮できるようにソフトウェアで高精度な制御を行い、持続可能な社会の実現に向け、地球に寄り添うものづくりを進めています。

パワートレインシステム

オートマチックトランスミッションシステム

ソフトウェア技術で、車速やエンジンの回転数に応じて、変速比を自動的に切り替える機能を開発しています。これにより、燃費の向上とフィーリングの良い快適な乗り心地を提供します。

ハイブリッドトランスミッションシステム

ソフトウェア技術で、モーターの制御やエンジンとモーターをつなぐクラッチの制御、変速比を切り替える制御を開発しています。エンジンとモーターの力を合わせることで、より力強い走行を実現するだけでなく、発進時や低速走行時の燃費の向上を実現しています。

4WDシステム

ソフトウェア技術で、2WDと4WDを切り替える機能を開発しています。
平常時は2WDにすることにより燃費を向上します。
雪道や悪路などの走行時は、スイッチ1つで4WDへ切り替え安全な走行を実現します。

オートマチックトランスミッションシステム
オートマチックトランスミッションシステム
ハイブリッドトランスミッションシステム
ハイブリッドトランスミッションシステム

ハイブリッドシステム燃費向上

先読みエコドライブ支援機能

ドライバーがエコドライブを意識した運転をしなくても、効率的な走りにより高い環境性能を実現するシステムを開発しています。カーナビゲーションの勾配情報をもとに、下り坂前から積極的にEV走行を行い、下り坂走行中に充電できる量を増加させます。

先読みエコドライブ支援機能
先読みエコドライブ支援機能

エネルギーマネジメントシステム

コージェネレーションシステム

ソフトウェア技術で、エネファーム(家庭用燃料電池)の発電を制御する機能と、発電した電力を安定的に出力する機能を実現しています。排熱を利用してお湯も一緒につくるため、エネルギーを有効利用でき、CO2の大幅な削減に貢献しています。

グリルシャッターシステム

ソフトウェア技術で、車両の走行状態やエンジンの暖気状態に合わせ、グリルの開閉を最適に制御する機能を開発しています。フロントグリル内のシャッターを、走行速度やエンジンの水温に応じて自動で開閉することにより、エンジンの暖気効率改善や空気抵抗低減により、燃費の向上や走行性能を高めます。

コージェネレーションシステム
コージェネレーションシステム

安全 人を知り、人を支え、人を守る

事故撲滅、運転者の負荷軽減や交通渋滞の解消といったスマートなモビリティ社会の実現を目指し、人・クルマ・インフラの三位一体の取り組みを進めています。
より高度で安全な運転を実現するため、人の知覚能力や運動能力を補い、クルマとそのクルマを運転するドライバーをサポートする運転支援技術で、より安心で安全なドライブを提供します。

先進運転支援システム

ドライバーモニターシステム

ソフトウェア技術で、自動運転の実用化に向け、運転中のドライバーの顔の向き、視線、まぶたの開閉状態などを検知する機能を開発しています。ドライバーの状況をモニターすることで、急な体調の変化に応じて車両を自動停車させるなど、周辺の道路状況も加味した自動運転と手動運転の切り替えで、安全な運転をサポートします。

駐車支援システム

ソフトウェア技術で、接近物や駐車スペースなどを検知、駐車時のドライバーのハンドル操作をアシストする機能を開発しています。見通しの悪さやわき見運転による事故の危険性を検知し、死角やハンドル位置に応じた予測路線の表示などにより、ドライバーの知覚や動作を補い、安全な駐車をサポートします。

ナビ協調一時停止情報提供システム

前方の一時停止を画面表示と音声で案内する機能を開発しています。一時停止線に近づいても減速行動を始めないと音声で注意を喚起し、さらに注意喚起後のドライバーの急ブレーキ操作に対して減速支援(ブレーキアシスト)します。事故を未然に防ぎ、ドライバーの安心をサポートします。

ドライバーモニターシステム
ドライバーモニターシステム
駐車支援システム
駐車支援システム
ナビ協調一時停止情報提供システム
ナビ協調一時停止情報提供システム

車両運動制御

ブレーキシステム

ソフトウェア技術で、車体の横滑り、タイヤの空転、急ブレーキ時のタイヤロックなどを防止する機能を開発しています。さまざまな路面状況においても、運転しやすく、快適なブレーキをアシストし、安全な運転をサポートします。

乗員検知

体重検知システム

ソフトウェア技術で、座席に加わる荷重情報から、乗員の姿勢や体格、チャイルドシートの装着状況を判定する機能を開発しています。乗員に合わせたエアバッグの作動(開閉や作動の強弱)の最適化に貢献します。

 

快適 新しい「うれしい」をつくる

ドライブをより豊かに、快適に、楽しくするため、クルマに付随する新しいサービスを提供する開発に取り組んでいます。
お客さまが実際に利用しているシーンや利便性を常に追求し、人の心に寄り添ったアイデアで、感動を与えるものづくりを目指しています。

 

乗降関連システム

パワースライドドアシステム

ソフトウェア技術で、スライドドアの開閉、速度調整、負荷変動検出による挟み込み検知機能などを開発しています。スイッチやドアハンドルの簡単な操作により、自動で電動開閉し、安全で快適な乗り降りを実現します。

パワースライドドア
 

車室内環境関連システム

メモリーシートシステム

ソフトウェア技術で、シートポジションの記憶と呼び出し、空気圧を利用したリフレッシュ機能、ステアリングとの連携動作機能などを開発しています。ドライバー一人ひとりに合ったシート形状を提供し、運転時の疲労軽減、乗降のしやすさを追求することで、快適なドライブを提供します。

サンルーフシステム

ソフトウェア技術で、ルーフを開閉し、異物の挟み込みを検知する機能などを開発しています。スイッチひとつで開閉する簡単な操作で、クローズ時の静粛性とオープン時の開放感、室内を照らし新鮮な空気を取り込めるなど快適なドライブを提供しています。

 

車両情報システム

カーナビゲーションシステム

カーナビゲーションのアプリケーションソフト、地図データベース、サーバーアプリケーションソフトなどを開発しています。ドライバーをナビゲートするだけではなく、通信によるビックデータを活用した情報提供や、その技術を使い車両そのものを制御します。

カーナビゲーションシステム
 

福祉関連システム

福祉車両用シートシステム

ソフトウェア技術で、シートの回転や、リフトアップにより、助手席や2列目席への乗り降りをサポートする機能を開発しています。乗る人、介護する人の負担を軽減し、快適な移動を提供します。

福祉車両