社員紹介06

駆動系 グループマネージャー

  • オートマチックトランスミッション
  • ソフトウェア開発統括

2008年入社 ビジネス学部卒

一人ひとりの長所が最大限に活かされている、
そんな職場でありたいです

私は以前、英会話の講師や自動車関連の技術翻訳をする仕事をしていました。自動車関連会社で更に知見を広めたいと思い、その後、当社へ入社。そこで培ったコミュニケーション能力を活かし現在は、グループマネージャーとして働きやすい環境づくりに励んでいます。

人には、長所と短所がありますが、私は、短所を補うことよりも、長所を最大限に伸ばしてほしいと考えています。色鉛筆にいろんな色があるように、一人ひとりのカラーを最大限に活かして、お互いの能力を融合し、すばらしい化学反応を起こすことで、チームの効率をアップしたいと思っています。

メンバーが自分らしく、働くことができる道を示していきたいです

仕事をしていくうえで一番大切なのは、コミュニケーション能力です。その能力向上には、人間的に成長できる環境が必要です。
20代の頃は、3歳のちびっこから70歳のおじいちゃんまで英会話を教えていましたので、そこで培ったコミュニケーション能力は今も非常に役立っていると思います。メンバーが、できるだけ納得して気持ちよく仕事をできるように、ポイントポイントで表情を見て、話をし、円滑に仕事が進むように心掛けています。
今後も、技術力はもちろんのこと、お客様との関係構築に大きく影響するヒューマンスキルを向上させることができるような環境を提供できればと思っています。

学生のみなさんに伝えたいこと

今いる場所から飛び出してみると、多くのことに気付くはずです。人生の幅を広げる経験をたくさん積んで欲しいと思っています。