社員紹介02

先行技術開発

  • 人工知能
  • 機械学習

2014年入社 理工学研究科卒

自動車技術会で運転支援技術を発表
多くの方に関心を寄せていただけたことが、自信につながりました

学生時代からやりたかった先端技術に携わることができて、日々楽しく充実しています。配属された数ヶ月後より、将来の自動運転や運転支援への活用を目指した、人工知能の研究開発を行っています。具体的には、深層学習(Deep Learning)を用いた技術開発で、人や車など周囲の障害物の行動予測や、特定の物体のトラッキング(追跡)技術、強化学習などを研究しています。
2017年には、自動車技術会で運転支援技術の論文を発表しました。Deep Learningを用いた新たな手法に会場の関心が高く、当社の技術成果を多くの方にアピールすることができました。学生時代からやりたかった先端技術に携わることができて、日々楽しく充実しています。

まだ世に無いものを開発するため、
日々、新しいアイデアを出し、チャレンジし続けることに、
この仕事の楽しさを感じています

得たい結果を導きだすために、調査や勉強などの努力は必要ですが、先端技術を習得できることは次世代技術開発ならではの魅力だと思います。自分のアイデアを使って予想していた通りの結果が得られたときには、自身の成長を実感できます。人工知能技術は、自動運転や運転支援の分野で、アイシングループの次世代技術開発の核となる可能性を秘めています。更に研究を深め、未来のものづくりにつなげられるよう、どんなことにもチャレンジしていきたいと思います。