ソフトウェアでできること / 先行技術開発 / モデルベース開発 / AUTOSAR / Automotive SPICE®

“ソフトウェアで製品の価値を高める”

車載ソフトウェアには高い信頼性が求められます。常にシステム全体を考え、原理原則を理解した最適な設計を行うため、様々な開発手法を取り入れています。フールプルーフ(誤った操作ができないようにする工夫)、フェールセーフ(故障などの問題が発生しても安全が維持できる工夫)などを設計に織り込むのも、ソフトウェア技術者の大切な役割です。
私たちは現状に満足することなく、商品価値を高める技術を追い求めます。

ソフトウェア製品

私たちが重点的に取り組んでいること

アイシン・ソフトウェアの取り組み

先行技術開発

これからの車載製品には、人工知能、IoTなどの様々な新技術が必要不可欠となっています。難易度の高い技術を先行して習得することで、将来の魅力的な製品開発に繋げられるよう、全国各地の大学や研究機関と連携し、研究開発を進めています。

先行開発を担当するチームでは、自動運転に向けたディープ・ラーニングなどの人工知能、LiDARやカメラなどのセンサから得られた情報を処理する技術の調査研究や、それらを活用した製品の先行開発を行っています。

今あるサービスをより良く、新しい付加価値を生み出すために、”ものづくりの技”を身につけ、将来を見据えた新しい技術領域にも積極的に挑戦し続けています。

先行技術開発
3次元地図データベース開発

3次元地図データベース開発

高精度3次元スキャナを用いて道路や建造物をデジタイズして取り込んだデータを画像処理し、地図データベースを生成します。生成されたデータは、刻一刻と変化する道路状況での自動運転車の走行経路の計算に利用されます。

高精度ロケーション技術

高精度ロケーション技術

高精度な位置情報の取得は、自動運転の実現に必要な技術です。車両に搭載される様々なカメラやセンサー類を駆使して得た情報と高精度地図データベースとを照合することで、誤差を極限まで少なくすることを目指しています。

人工知能開発

人工知能開発

周囲の状況を的確に把握し、素早い状況判断と高精度な予測を行うことは、自動運転の安全性を確保するのに必要な要素技術です。
当社では、瞬時にクルマに情報を伝達し理想的な走行ルートを提供する技術にも取り組んでいます。

自動運転実証実験

自動運転実証実験

開発した要素技術は、市販車や小型モビリティを使用してテストを行い、上流工程へのフィードバックを繰り返すことでレベルアップを目指します。自治体と共同で公道での実証実験も行っています。

モデルベース開発

モデルベース開発とは、開発の中でシミュレーションを活用する開発手法です。システムを図で設計し、従来は実機でしか検査できなかった現象を机上で確認できます。複雑化する制御開発において、短時間で品質を向上させることが可能です。

当社では、モデルベース開発を支えるために、設計に力を入れるだけでなく設計をサポートする開発環境の整備や、技術者教育の充実に取り組んでいます。

モデルベース開発
[教育に対する取り組み]
当社では、全てのエンジニアが一人で設計できるスキルを身に付けるため、新入社員は入社後、3週間に亘るトレーニングコースを設け、MATLAB、Simulink、Stateflowを実践し、開発手法を取得できる環境を整えています。現在、当社が取り組んでいる代表的な開発手法の一つです。
[開発環境に対する取り組み]
モデルベース開発に使用するツールは、簡単にソースコードを自動出力できますが、それ故に設定の過ちがそのままソースコードに反映されてしまいます。そういった単純ミスを防止する為に設計者が意識することなく自動的に環境が整う仕組みが必要です。
当社では、専用のカスタムツールを開発し、自動コード生成の質を高めると共に、設計したモデルの見易さを自動的にチェック、さらに自動修正することによって設計者が設計業務に集中できる環境を構築しています。

AUTOSAR

自動車の電子制御化が加速する中、使用するマイクロコンピューターは、急激にその種類を増やしています。センサー、アクチュエータの増加に合わせ仕様はどんどんと複雑化しています。それに伴いソフトウェアの大規模・複雑化は、会社の枠を超えた課題となっています。
そこで、2003年にAUTOSARが、車載ソフトウェアの世界共通標準の規格を定義する為に発足しました。

昨今は、大規模化への課題だけではなく電子システムの普及拡大に伴う、外部からの脅威に対する防御対策“車載セキュリティ”への対応が必要になりました。そういったニーズから、最新のAUTOSARは車載セキュリティへの対応までカバーしています。

当社では、AUTOSARに適合したMCALやCDDなどのソフトウェアを開発し、グループ会社に提供しています。また、AUTOSARの導入支援や自動評価環境の整備も行なっています。もちろん、最新AUTOSARに対応すべく、車載セキュリティに必要となる暗号化技術なども積極的に導入しています。

AUTOSAR

Automotive SPICE®

Automotive SPICE®とは、車載ソフトウェアの開発プロセスモデルのひとつです。 「品質はプロセスで作り込む」という思想のもと、モデルに適合した開発プロセスに沿って、継続的に改善を繰り返すことで、より品質の高いソフトウェアを生み出すプロセスを維持しています。

当社では、Automotive SPICE®に準拠した開発をするために、開発プロセスの規約化だけでなく、社員に対する教育を実施することで、組織的に継続して高い品質を維持できる状態(レベル3)の達成を目指しています。

Automotive SPICE®は、Verband der Automobilindustrie e.v(VDA)の登録商標です。(以下、商標マークを省略しています)

先行技術開発
[プロセス定義]
開発規約はAutomotive SPICEの適合性を明確にすべく、設計、管理、支援、取得の4つのプロセス群に分類し、体系的に取りまとめました。併せて帳票を整備しており、標準帳票を使用することで、Automotive SPICEに準拠した成果物を作成することができます。
[教育に対する取り組み]
組織全体でレベル3を達成するため、全てのエンジニアを対象に、アセッサー資格を取得した社員が講師となり教育を実施します。また、レビューア、マネージャなど各役割に対して必要な知識の習得に向けた教育体系の整備や、社内でも評価をできる組織にするため、資格取得者を増やす活動も進めています。各部の品質責任者を中心に認定教育機関が主催するセミナーを受講し、認定試験を受けたアセッサー資格取得者を増やす活動にも取り組んでいます。
アセッサー:Automotive SPICEに適合していることを評価できる人のことです。当社には、10名がプロビジョナルアセッサー資格を取得しています。(2019年2月現在)