アイシン・ソフトウェアは社会の一員であることを強く自覚し、ソフトウェア開発に加え、企業としての社会的責任を果たすための様々な活動を行っています。

安全と健康

健康宣⾔

2019年度は、社員の健康保持・増進の強化を目的として『健康経営』に取り組む初年度とすることを宣言します。

取締役社長 伊藤康伸

安全活動について

「安全最優先」をすべての基本とし、全社員の目指す姿を「安全ビジョン」「安全行動指針」として掲げ意識共有を図り、役員、管理者、現場社員の各層全員が当事者意識を持って各安全活動を推進しています。

衛生(健康)活動について

2019年度を「健康経営」元年と位置づけて社員の健康維持・増進活動の更なる強化を推進しています。

環境美化活動

各事業拠点周辺の清掃活動を行い、地域社会の一員として、地元への貢献を行っています。

ウトナイ湖畔清掃活動

鳥獣保護区に指定されているウトナイ湖畔の清掃活動に参画しています。

ウトナイ湖畔の清掃活動

近隣ゴミ拾い活動

地域の環境美化を目的として、定期的に会社周辺のゴミ拾い活動を実施しています。

会社周辺のゴミ拾い活動

交通安全立哨活動

朝の通勤時間帯に立哨活動を行い、従業員の運転マナーに対する意識の向上と、交通事故の撲滅を目指しています。

近隣交通安全立哨活動

通勤時間帯の立哨活動により、運転マナーの向上と交通事故の撲滅を目指しています。

通勤時間帯の立哨活動

地域復興支援活動

事業拠点のある北海道、東北、九州を中心に、災害時の復興支援活動に積極的に携わっています。

  • 北海道胆振東部地震からの復興支援(北海道胆振東部)
  • 東日本大震災からの復興支援(岩手県盛岡市)
  • 熊本地震からの復興支援(熊本県熊本市)
  • 台風被害からの復興支援(岩手県久慈市)

台風被害からの復興支援

久慈市災害ボランティア活動

東日本大震災からの復興支援

「高田松原」再生植樹祭

社会的責任を踏まえた行動指針

アイシングループ企業行動憲章を採択し、その行動指針に基づいた活動を推進しています。