新製品情報 20年春の新製品を紹介しています。

省エネで軽量化を実現した GHP(ガスヒートポンプエアコン)Gシリーズ「GHP XAIR(エグゼア)Ⅲ」室外ユニットがラインアップに加わり、室内ユニットでは、S-ラウンドフロータイプがモデルチェンジ。

Gシリーズ「エグゼアⅢ」

エグゼアⅢ (XAIR3) エグゼアⅢロゴ 2020年4月発売予定
容量:
450形 560形 710形 850形
(16・20・25・30馬力相当)
従来 Fシリーズ「エグゼアⅡ」からエネルギー消費効率を平均約 10% 向上!
さらに進化した「省エネ」
  • 冷媒配管など冷媒系部品の見直しにより、冷媒圧力損失の軽減やコンプレッサーの圧縮効率向上を実現。
  • 主要部品構成の見直しにより、従来製品と同じ設置面積を保ったまま、最大で 13% の軽量化を実現。
  • 最適化した熱交換器の採用により、外気温 50℃ や積雪時などタフな環境でも冷暖房運転を継続。
Gシリーズの詳細はコチラ

天井埋込カセット形 S-ラウンドフロータイプ(AXFP-DA)

天井埋込カセット形 センシングフロータイプ(AXFP-DA) 2020年4月発売予定
容量:
28形 36形 45形 56形 71形 80形 90形 112形 140形 160形
水平吹き出しで心地よさを部屋全体に広げる、新しい気流。「アクティブ・サーキュレーション気流」搭載。
  • 逆転の新発想でムラのない快適さを実現。
  • ダブルセンサーと風向個別制御で、さらに快適・省エネ。
  • オプション品に、ストリーマ技術でエアコン内部を清潔に保つ「ストリーマ内部クリーンユニット」や、人検知センサーを活用した「夜間みまもりキット」を新設。
S-ラウンドフロータイプは液晶ワイヤードリモコン(ABRC1G2)または液晶ワイヤレスリモコン(BRC7L1F(K))が必要となります。
「アクティブ・サーキュレーション気流」の詳細はコチラ 新設オプション品の詳細はコチラ

アイシングループの持続可能な社会の実現への貢献について

アイシングループは、創業以来、「品質至上」を基本理念とし、お客様に喜ばれる魅力ある商品づくりに取り組んできました。 また、「豊かな社会づくりへの貢献」「社会・自然との調和」を経営理念に掲げ、持続可能な社会の実現に貢献する企業行動の実践を推進しています。 このようなアイシングループの価値観・取り組みは、2016年1月に発効された国連の「持続可能な開発目標 (SDGs)」と親和性が高く、今後も事業活動を通じ、SDGs の達成に貢献できると考えています。

アイシン精機 エネルギー関連事業の優先課題(マテリアリティ)

SDGs 該当目標 優先課題 目指す姿
7
エネルギーをみんなに
そしてクリーンに
エネルギーをみんなにそしてクリーンに
11
住み続けられる
まちづくりを
住み続けられるまちづくりを
13
気候変動に
具体的な対策を
気候変動に具体的な対策を
クリーンエネルギー
転換の推進
よりよい暮らしと
環境に配慮した
街づくり
エグゼアおよび GHP XAIR(ロゴ)は東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、東邦ガス株式会社の登録商標です。
商標「ストリーマ」、「ラウンドフロー」、「S-ラウンドフロー」はダイキン工業株式会社の登録商標です。
掲載記事・写真・図表などの複製、無断転載を禁止します。
PAGE TOP