電動化のラインナップを拡充

世界各国の大幅な燃費・排ガス規制強化に対し、ハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(BEV)、燃料電池車(FCEV)など多様な電動化車両の開発が進められていますが、どの電動化車両がどの程度普及していくか予測し難い状況です。アイシングループでは、あらゆる電動化車両に対応できるよう、ラインナップの拡充を基本方針に、電動パワートレインの開発を加速させ、持続可能な社会の実現に貢献していきます。
HEVやPHEVに向けては、トヨタ自動車のハイブリッド車用に提供してきた「2モーターハイブリッドトランスミッション」の技術蓄積をベースに、「1モーターハイブリッドトランスミッション」を開発しました。また、PHEV、BEV、FCEVに向けては、トヨタ自動車「プリウス」に提供している「電動4WD駆動ユニット」での技術蓄積をベースに、「eAxle(電動駆動ユニット)」の開発を進めています。

電動化商品ラインナップ
電動化商品ラインナップ

1モーターハイブリッドトランスミッション開発の取り組み

「1モーターハイブリッドトランスミッション」は、既存ATのトルクコンバータの代わりにモーターとエンジン切り離しクラッチを配置したシンプルな構造となっています。
エンジン効率の悪い低速走行時はクラッチでエンジンの出力を切り離し、モーターでのBEV走行を行う一方、高速走行時には、トランスミッションを活用した、滑らかで無駄のない加速を実現します。低速、高速それぞれの局面において、モーターとエンジンをうまく使い分けることにより、大幅な燃費向上を実現するとともに、ダイレクト感のあるスポーティな走りに貢献します。
加えて、トランスミッションについては既存のAT設備を活用するため、これまでの生産リソーセスやノウハウを生かしつつ、追加の設備投資、開発費を低減し、商品の競争力を向上します。

eAxleシリーズ開発の取り組み

eAxleは、モーター・ギアボックス・パワーコントロールユニットを組み合わせ、お客様のニーズに合った最適な電動駆動モジュールを提供できる商品です。
例えば、モーターにおいては、お客様の車種とニーズに合わせた容量を用意し、同軸型と平行軸型の減速機、一体型と別体型のパワーコントロールユニットを組み合わせることで、小型車からバスやトラックまで、あらゆるタイプのクルマに適合することができます。

eAxle
eAxle