グローバルサプライヤーとして、多様な価値観を持つ従業員一人ひとりの働き方を尊重し、生き生きと活躍できる環境整備を推進。互いに成長し合いながら企業価値を高め、持続可能な社会づくりに貢献します。

人権の尊重に関する基本方針

アイシングループは、国連の『世界人権宣言』をはじめとする国際規範を尊重し、「アイシングループ企業行動憲章」において、「私たちは、従業員の人格や個性、多様性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現します」と全従業員の人権を尊重する基本方針を定めています。本憲章の理念を実現するための行動基準となる「社会的責任を踏まえた行動指針」においては、強制労働や児童労働の禁止を明言。更に「アイシンウェイ」では、時代と世代、地域を超えてグループで共有すべき価値観、行動原則を明らかにしています。
さらに「AISIN WAY」では、時代と世代、地域を超えて、グループで共有すべき価値観、行動原則を明らかにし、人権尊重の徹底を図っています。

AISIN WAY

AISIN WAY

人権教育・啓蒙活動および相談窓口

アイシングループでは、「アイシングループ企業行動憲章」・「社会的責任を踏まえた行動指針」の実践に向け、全従業員の基本的な人権を尊重するとともに、役職任用時研修や入社時、昇格時の研修など様々な機会を通して人権教育を行っています。グループ主要13社共通のCSR研修や、愛知労働局より講師を招き、グループ会社向けに公正採用研修会を実施しています。また、コンプライアンスに関する相談窓口では匿名も含め広く相談を受け付けており、対応にあたってはプライバシー保護、相談者への不利益防止など、人権への配慮を徹底しています。

CSR研修(Eラーニング)受講完了者推移
CSR研修(Eラーニング)受講完了者推移

関連団体やイニシアチブへの参画

アイシングループは、愛知県内の26社の企業が加盟する「愛知人権啓発企業連絡会」に所属し、愛知県や愛知労働局などの関係行政・諸団体と協調しながら人権啓発に取り組んでいます。また、各地域で組織されている「同和問題に取り組む全国企業連絡会」とも連携し、人権が尊重される社会の実現、企業における人権教育・啓発活動を推進しています。

グローバル視点での人権への取り組み

人事CSR調査の実施

各国法令や「アイシングループ企業行動憲章」・「社会的責任を踏まえた行動指針」に沿った人事労務コンプライアンス・人権の管理状態を把握するため、2020年より国内外グループ200社を対象に人事CSR調査を実施(実施率100%)。調査により把握した課題に対し、社内関係部門・地域統括会社で連携し、サプライヤーまで含めた改善活動を展開しています。

責任ある鉱物調達(紛争鉱物)への対応

責任ある鉱物調達(紛争鉱物)への具体的な取り組みとして、2019年もサプライチェーンをさかのぼった鉱物の使用状況調査を行い、お客様にその結果を回答しました。また業界団体のワーキング活動に参画し、効果的な調査方法の確立や説明会を通じた理解向上活動に努めてきました。今後もグループとして責任ある鉱物調達を進めるため、以下の指針に基づき、適切な資源・原材料調達を推進していきます。

【鉱物調達に対する指針】

私どもアイシングループは、人権や環境等の社会問題への影響を考慮した鉱物調達活動をグローバルで推進するため、各国法規制(米国金融規制改革法、EU紛争鉱物規則等)で問題とされる鉱物の使用回避に向けた取り組みを実施します。またサプライヤーの皆様に私どもの考えを理解いただくとともに、責任ある鉱物調達活動に取り組んでいただくよう要請していきます。

技能実習(団体監理型)の管理適正化

団体監理型の技能実習生を受け入れているグループ会社にて、認定計画と異なる作業に従事させていないか、適正な賃金支給ができているかなどコンプライアンス・人権に関わる25項目を、定期的に自主点検し、管理の適正化を推進します。