価値創造の成果 - 事業報告 -

バーチャルカンパニー(VC)制によって、
次世代の成長軸を確立し、グループ一体となって世界の自動車市場に挑む

 アイシングループは2017年4月、バーチャルカンパニー(VC)制を導入し、事業の効率化、集約化を徹底するとともに、次世代技術・製品の開発に取り組んでいます。
 近年の自動車業界は、環境規制の強化による電動化の進展、自動運転技術の進化など、CASE領域の進展はめざましいものがあります。さらに、ITや電機業界といった異業種からの市場参入など、自動車産業の構造はまさに「100年に一度の大変革期」を迎えています。
 こうした大変動に対応するため、私たちはグループの事業を「パワートレイン」「走行安全」「車体」「情報・電子」「アフターマーケット」の5つのVCとグループ本社に集約。競争力をさらに強化していきます。将来を見据え、事業の集約・効率化とともに聖域なきスクラップ&ビルドも大胆に推進し、次世代の成長軸の確立をめざしていきます。

PAGE TOP