私たちは、環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的かつ積極的に行動します。

アイシン連結環境方針

「品質至上」を基本とした経営理念を実現するため、「社会のため、お客様のためを考える」「常に改善し続ける」「一人ひとりを大切にする」という考え方に立ち、「ものづくり」などの事業活動を通じて、人と地球の未来にわたる調和と持続可能な社会の構築に貢献します。

  1. 長期ビジョンに基づき、年度方針を定め、目標達成に向け継続的な改善・環境マネジメントシステムの定期的な見直しをグローバルに行います。
  2. 行政、得意先、地域社会、仕入先、従業員との情報交換を緊密に行うと共に、連結各社相互に連携し、本来業務と連動した効率的な運営を行います。
  3. 適切な経営資源を投入し、技術の革新、施設の充実、教育・訓練および意識の高揚・啓発を図ります。
  4. ライフサイクルを考慮した地球にやさしい新製品・技術開発および環境に配慮したものづくりを推進します。
  5. 国際規格への適合、各国が定める法令・協定等の順守はもとより、自主基準を制定し、汚染の予防に努めます。
  6. 省資源・省エネルギー、環境負荷の少ない材料の調達、物流の効率化、再利用等の活動を拡大し、使用と排出の最少化を図ります。
  7. グローバルな自然・環境保護活動を推進します。

(連結)環境委員会の体制図

(連結)環境委員会の体制図
(連結)環境委員会の体制図

アイシングループの環境活動をけん引する研究会

アイシングループの環境活動をグローバルに推進するために、重要な役割を担う「オールアイシン研究会」(左図参照)。現在、省エネルギー研究会、環境保全研究会、EMS研究会、製品環境研究会があり、メンバーはグループ主要13社を中心に構成され、関連会社と共に活動しています。

研究会共通の役割

  • 連結中長期活動計画を受けた各研究会の中長期活動計画の作成
  • 各研究会の中長期活動計画を受けた年度活動計画の作成と半期ごとの進捗報告
  • 各種連結関連要領、基準等の策定

研究会の取り組み

省エネルギー

  • 生産活動におけるCO2排出量の低減

環境保全

  • 環境異常・苦情ゼロによる地域No.1企業群の構築
    ①法順守活動
    ②環境事故未然防止活動等リスクマネジメント

EMS

  • 連結EMS研修、連結監査員の育成
  • アセスメントの企画オールアイシン環境会議への報告
  • EMS関連文書の作成

製品環境

  • 製品の環境影響を測る指標や化学物質の管理方法などの調査と共有化
  • 環境配慮製品における寄与度の見える化
  • 製品環境法規制動向の調査・共有化

取り巻く環境の変化

アイシングループは、持続可能な社会を構築するため、常に変化を続ける外部環境に対し、柔軟に適応していくことが重要な経営課題だと考えています。特に環境法規制は年々厳しさを増しています。

グローバルに事業を展開しているアイシングループでは、各国の法規制に対して影響度を把握し、対応方法を議論します。議論された結果は、(連結)環境委員会を始めとする各委員会で採択され、方針への織り込みまで行っています。

2050年ありたい姿>策定方法
2050年ありたい姿>策定方法

将来を見据えた第7次アイシン連結環境取組プラン

アイシングループは、アイシン環境取組プランを策定し、環境への取り組みの強化を継続してきました。2021年からスタートする第7次アイシン連結環境取組プランでは、従来のフォアキャスト思考ではなく、SDGs活動と同様にバックキャスト思考で計画・目標を検討しております。特にCO2削減を重点的に進め、持続可能な社会の構築に寄与していきます。

2050年ありたい姿>策定方法
2050年ありたい姿>策定方法

第6次アイシン連結環境取組プランの2019年度の活動結果

低炭素社会の構築

エボリューション
製品の製造から使用、廃棄までのライフサイクルCO2「ゼロ」
取組項目 2019年度の活動

①CO2大幅削減への新機能製品の開発推進と拡大

  • 走行時にCO2を一切排出しないEV車の普及に向け、「電動駆動ユニット(eAxle(150kW)」の量産を開始、トヨタEV車「CH-R/IZOA」に搭載
  • 従来の4輪同圧制御に対して、前後輪を独立で制御することでエネルギー回生量を増大する新世代の「回生協調ブレーキシステム」の量産を開始、さらなる燃費向上に貢献

②環境負荷の見える化の推進

  • LCA※1の削減目標達成に向け、アイシングループとして2030年シナリオ(案)が完成
    設計4社の2030年シナリオを統合していく

③生産活動におけるCO2排出量の低減
【海外】
CO2低減推進体制の国内との同一水準化
【国内】
現行の低減推進体制の高い水準の維持・継続

  • 中国、タイ、欧州、北米の各地域で開催する実務者連絡会で、現地スタッフへCO2削減に向けた省エネ事例の共有を実施。各拠点で、省エネ活動を推進
2020年度 2019年度
対象 範囲 項目 基準年 削減目標 目標 実績 評価
生産
CO2
グローバル
(国内外連結合算)
売上高当り
排出量
2009 20% 18.2%減 20.2%減

④“アイシンクリーンエネルギー工場”の確立と展開への着手

  • アイシングループ生産主要12社の2030年度CO2削減シナリオ策定が完了
  • 2020年度内の再エネ最適調達に向け、グローバルで再生可能エネルギーへの取り組み状況、現状把握実施

⑤物流活動における輸送効率の向上
【海外】
拠点の拡大に伴い、CO2低減推進体制レベルを向上
【国内】
事例(改善ノウハウ)の共有化による、継続的な改善活動の実施

  • 関東地区のアイシングループ共同輸送化拡大、フルトレーラー導入
  • BDF※2トラック4台導入
2020年度 2019年度
対象 範囲 項目 基準年 削減目標 目標 実績 評価
物流
CO2
国内連結 売上高当り排出量 2009 11% 10.0%減 15.2%減
海外各社 実績把握
  • LCA: 製品開発でのライフサイクルCO2低減を評価。
  • BDF(Bio Diesel Fuel):食用油を回収して精製した燃料。

循環型社会の構築

エボリューション
環境負荷 「ゼロ」
取組項目 2019年度の活動

⑥開発段階における金属資源の有効利用とリサイクルの徹底

  • アイシングループとして管理すべき金属資源の実態把握は完了し、当面の問題はないことを確認

⑦生産物流活動における、資源循環の促進と低減
【生産】
グループ内の原料再利用の推進
【物流】
梱包資材の削減
【全体】
事例の共有とグループ内展開の徹底

  • 廃棄物の有価化および低減事例12件の作成、アイシングループへの共有
  • 海外発生源対策7事例完成
2020年度 2019年度
対象 範囲 項目 基準年 削減目標 目標 実績 評価
廃棄物 国内連結 売上高当り排出量 2009 28% 25.5%減 29.5%減
海外各社 実質把握 2015 5% 4%減

⑧水資源の有効利用とリサイクルの徹底

  • 高リスク拠点の水削減目標値を設定し、対策案の検討着手
対象 範囲 項目
制約が多い地域 2017年度渇水リスク評価に加え、拠点への影響度を重点とした高リスク拠点を選定2019年度に数値目標の設定が完了し、現状把握に着手

自然共生社会の構築

エボリューション
自然との調和
取組項目 2019年度の活動

⑨製品含有規制物質に関する法規の先取り対応

  • 2024年までの切替ロードMAPを作成し、グループ会社と共有

⑩環境異常の未然防止活動の徹底

  • AGES※3(排気)書面審議完了
  • AGES(土壌・地下水)案の作成

⑪生産活動における環境負荷物質の低減
【海外】
低減推進体制の国内との同一水準化
【国内】
現行の低減推進体制の高い水準の維持・継続

  • アイシン精機、アイシン・エィ・ダブリュの統合に向けた化学物質管理システムの構築に着手
  • 中国地区では、VOC規制に対応するため、防除設備導入
2020年度 2019年度
対象 範囲 項目 基準年 削減目標 目標 実績 評価
VOC 国内連結 売上高当り排出量 2009 19% 17.3%減 47.3%減
海外各社 実績把握

⑫生物多様性を保全する地域プログラムの実施

  • 自然保護活動をアイシングループの拠点がある全国5地域(愛知、北陸、北海道、東北、九州)で実施
  • AGES:アイシングローバル環境基準。

全テーマ共通の基盤活動

取組項目 2019年度の活動

⑬環境コンプライアンス
情報の集約体制確立による順法管理強化

  • 各地域で開催する実務者連絡会で、影響や対応の必要がある法規情報を展開
  • 高濃度PCB廃棄物のグループ共同での処理を継続推進
    2019年度は計画通り処理が完了

⑭グローバル連結
EMS評価体制の構築と運用

  • 各拠点が自ら弱点を見つけ改善できるレベルを目標に、第5次アイシン連結環境取組プランより厳しい基準の連結環境アセスメントを国内外拠点で実施し、2019年度は47社が目標達成

⑮サプライチェーンの環境管理とサプライヤーと連携した環境活動の強化

  • アイシングループ連携で38社の仕入先環境点検を実施し、点検後も活動をフォロー

⑯グローバル環境人材教育の強化

  • 2020年の姿と教育体制の考え方を再度共有し、アイシン国内関連会社の教育体制整備に向け実際に教育を実施

⑰地域社会と協調した環境社会貢献活動の推進

  • アイシン・エィ・ダブリュ工業では、2014年度より実施している中池見湿地保全活動を2019年度より田んぼと生物多様性に強い関心を持つ地元中学生とともに実施
  • アイシン軽金属有磯工場では、近隣河川で生息している在来魚を捕獲~放流し、繁殖・保護に努めた
  • その他各社も工夫して、地域との環境活動を継続

⑱様々なステークホルダーに対応した環境コミュニケーションの充実

  • アイシングループ従業員を対象にした「アイシングループ環境シンポジウム」、を開催し、環境活動に対する意識変革、理解を促進
  • エコアクションへの参画や地域の小学生向け生物調査を実施することで、アイシングループの環境活動をPR

⑲オフィス環境マネジメントの全世界展開

  • 各スタッフ機能で、機能に合わせた環境活動を毎年実施していることを確認