小さく置けて、
世界最高の発電効率!

家庭で使う電気を自宅で効率よくつくる。そして、CO2 による環境負荷を減らしていく。 ガスに含まれる水素を使ったアイシンの自家発電機「エネファーム type S」は、コンパクトサイズでありながら、世界最高の発電効率※1 を実現しました。 マンションにも設置できる省スペース設計で、最大 700W の電力を 24時間※2 しっかり発電。 未来型の快適な暮らしと環境にやさしい街づくりを、サステイナブルな水素エネルギーが叶えていきます。
特長
  1. 定格出力 1kW 以下の家庭用燃料電池コージェネレーションシステムにおいて(2020年2月1日現在、当社調べ)
  2. ガスマイコンメータの保安機能を正常に動作させるために、26日間連続して発電した場合は、27日目に 24時間 以上発電を停止します。
  3. 停電時発電継続仕様のみの機能です。

エネファーム type S の主な特徴

環境性 経済性 防災性 設置性 快適性 燃料電池発電
のしくみ

お知らせ

  • 2020年10月16日(金)
    「エネファーム type S 2020モデル」※1 が、Innovation for Cool Earth Forum(ICEF) が選出する「TOP10 Innovations」に選出されました
    ※1 大阪ガス、京セラ、ノーリツ、パーパス、リンナイとの共同開発。
  • 2020年4月13日(月)
    大幅な小型化と発電効率の向上に加え、コネクティッド(インターネット接続)を実現した新モデル「エネファーム type S 2020モデル」の情報を公開しました。
  • 2019年7月15日(月)
    動画ギャラリー」を公開いたしました。
    アイシン エネファームに関する動画を掲載しております。
  • 2019年1月24日(木)
    資料請求・お問合せ」の受付を開始いたしました。
    アイシン エネファームにご興味のある方は、フォームよりお問い合わせください。

関連サイト

S-NET 燃料電池普及協会