Zero-Emission ゼロエミッション Zero-Emission ゼロエミッション

ゼロエミッションの実現にむけた、「電動化」と「電気自動車(EV)・燃料電池車(FCV)」対応への取り組み ゼロエミッションの実現にむけた、「電動化」と「電気自動車(EV)・燃料電池車(FCV)」対応への 取り組み

ゼロエミッションイメージ図
電動化ワーキンググループでは、量産している2モーターHVトランスミッションの技術を進化させ、1モーターHVトランスミッションやEV・FCVに対応する商品開発と、モーター・インバーターの要素技術開発を加速していきます。
EV・FCV対応ワーキンググループでは、“もっといいEVづくり”に向け、スピーディで効率的な開発を実行していきます。

電動化の取り組み

電動化の取り組み 電動化の取り組み

MT・AT・CVT、3種のトランスミッション開発技術を磨き上げ、ハイブリッドの分野ではトヨタ自動車と一緒に2モーターハイブリッドと商用車用1モーターハイブリッドの2つのラインナップを開発し、燃費向上に向けて取り組んできた。
更に乗用車用1モーターハイブリッドの1つを加え、ラインナップを拡充することで電動化を推進。

乗用車用ハイブリッドトランスミッション
駆動用モーター、発電用モーター、ハイブリッド車専用のギア機構をひとつのユニットに収めたトランスミッション。モーターサイズの小型化を実現しています。
商用車用ハイブリッドトランスミッション
既存の商用車用6速ATに、モーターとクラッチを内臓したハイブリッドモジュールを組み合わせた、1モータータイプのハイブリッドトランスミッション。
電気式4WD駆動ユニット
モーターで後輪を駆動する電気式4WDシステムの動力を発生させるユニット。雪路など滑りやすい路面での安定した走行に貢献します。

電気自動車(EV)・
燃料電池車(FCV)の
普及に向けて

電気自動車(EV)・燃料電池車(FCV)の普及に向けて 電気自動車(EV)・燃料電池車(FCV)の普及に向けて

ボディやシャシーの最適設計と、新たなモーター・インバーターの開発を加速。
アイシングループのコア技術が、走るよろこびと持続可能な社会の実現を両立します。