●業界の常識を打ち破る新型GHPで、汚名を返上せよ!

 今や家庭への普及率87%(05年度)となったエアコン。人が集まるショッピングセンターなどでは必要不可欠のものだ。そうしたビル空調用エアコンのなかで大きな比重を占めているのが、ガスをエネルギーとしたエアコンだ。
 ガスで冷暖房とは奇異に思われるかもしれないが、原理はカーエアコンと同じで、エンジンでコンプレッサーを回して冷媒ガスを圧縮・膨張させ、空気を暖めたり、冷やしたりする。正式名は「ガスヒートポンプ式エアコン」、略して「ガスヒーポン」、あるいは「GHP」と呼ばれているエアコンである。

 駆動エネルギーとしてガスを使う点が、カーエアコンとも電気式のエアコンとも違う。ガスを使うため冷房を一番必要とする夏の電力需要のピーク時に電力を使わなくてすむし、暖房にはエンジンの排熱を利用するから効率がいい。ランニングコストが安く、COの排出も少ない、いわゆる環境にやさしいエアコンなのだ。

 このGHPでアイシン精機は、サンヨー、ヤンマー、三菱重工業と並ぶ世界4大メーカーの一つである。市場シェアは約23%で、世界第3位(05年)。87年に東京ガスとの共同開発で市場に参入して以来、現在は当社エネルギー事業の柱となっている。

 しかし、その道のりは実に苦難に満ちたものだった。どん底に突き落とされ、汚名にまみれた短くない期間。屈辱をばねに始まった果敢な挑戦――GHPの開発物語は、業界の常識を打ち破る挑戦を通じて、どん底から這い上がった軌跡だといえる。

1/9