エコトピアニュース2014年

カワバタモロコ 産卵期を迎える

[ 2014年6月10日 ]

先月、池に放流したカワバタモロコが産卵期を迎えています!


メスはお腹が大きくなり、池に浮かぶ水草にも直径1o程の小さな卵がたくさん産み付けられ、稚魚が次々に孵化しています。

カワバタモロコ:メス

カワバタモロコ:オス

オスは産卵期になると、体の色がとても綺麗な金色になり、池の観察デッキから覗くと、太陽の光でキラリと輝きながら泳ぐ勇ましい姿を見ることができます。



これから夏までの間、エコトピアの池では小さな命の誕生が続きます。

生後1日目の稚魚(体長:1mm)