平成30年度 省エネ大賞において 「ハイブリッド個別空調システム『スマートマルチ』」が 「審査委員会特別賞」を受賞

2019.01.30

製品・展示会情報

 当社は、一般財団法人 省エネルギーセンターが主催する平成30年度省エネ大賞の製品・ビジネスモデル部門において、ハイブリッド個別空調システム「スマートマルチ※1」が「審査委員会特別賞」を7社※2で共同受賞しました。なお、本日1月30日に表彰式が行われました。

 省エネ大賞は、優れた省エネの取り組みや製品、ビジネスモデルを表彰するもので、国内の省エネ意識の拡大や省エネ製品の普及などによる、省エネ型社会の構築に寄与することを目的としたものです。

 「スマートマルチ」は、ガスヒートポンプ(以下「GHP」)と電気モーターヒートポンプ(以下「EHP」)を組み合わせ、IoTによる遠隔制御で最適な運転制御を行うハイブリッドシステムです。本システムにより、エネルギー需給状況や季節・時間帯によって異なるエネルギー価格などを監視しながら、最適なバランスでGHPとEHPを運転することで、ユーザーは運用に手間をかけることなく、省エネ運用とエネルギーコストの低減が可能となりました。また、エネルギーコストの変動や停電時などのリスク対策にもなります。

 また当社の製品は、業界最小サイズである当社製GHP(16馬力)とダイキン工業製EHP(8馬力)を組み合わせ、小規模の事務所ビルでも設置しやすい小型・軽量のハイブリッドシステムとなっています。

 当社はこれからも、省エネルギーや環境負荷低減に貢献する空調システムの普及拡大に努めるとともに、ユーザーの期待に応える商品やサービスの開発、提案を行っていきます。


※1:「スマートマルチ」は東京ガス株式会社の登録商標です
※2:東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、東邦ガス株式会社、ダイキン工業株式会社、パナソニック株式会社、ヤンマーエネルギーシステム株式会社、当社

◎ハイブリッド空調システム「スマートマルチ」

             

 

 

 

 

 

 

 


◎表彰式の様子