アイシングループ、長野県下伊那郡根羽村で環境保全活動を実施

2018.11.12

CSR

  当社をはじめとするアイシングループ※1は11月10日、長野県下伊那郡根羽村において、矢作川の環境保全を目的に『2018 根羽村親子わんぱく体験隊 秋の陣』を開催しました。

  アイシングループは、工場用水や生活用水として恩恵を受けている矢作川において、上流の水源の森を守るために源流地域である根羽村と「森林(もり)の里親契約」を2004年に結び、さまざまな活動を通じて森林整備に協力しています。今回の活動では、親子で楽しく「森と水」の大切さや自然の素晴らしさに触れることで、環境意識を向上させることをねらいとし、2004年より毎年開催しているものです。

  今回の活動では、グループ各社の社員とその家族、根羽村役場、根羽村森林組合、地域婦人会(杉っ子)など総勢約200名が、森のしくみや間伐の必要性などの環境学習を受けた後、エコロード(遊歩道)作りやミツバツツジの植樹を行いました。また、参加者が環境に対する具体的な取り組みを間伐材のエコ宣言プレートに書き込んだり、表札や本箱、木はがきのものづくり体験をするなどして、矢作川と森の関係性や森の大切さを学びました。また、今回の参加費総額82,000 円は、矢作川水源の森を守るための森林整備の費用として根羽村へ全額寄付を行いました。

  アイシングループは持続可能な循環型社会を目指して、今後もこうした森林整備や植林など市民参加による矢作川流域の環境保全活動を積極的に進めていきます。

【活動の概要】
実施日:2018年11月10日(土)
場所:長野県下伊那郡根羽村ネバーランド・アイシンの森
内容:ミツバツツジ植樹、遊歩道(エコロード)づくり、間伐材ものづくり体験(表札・木箱・木はがき)
参加人数:計189名(アイシングループ11社・138名、地域住民51名)

エコロード作り


集合写真


※1:アイシングループ14社:アイシン精機株式会社アイシン高丘株式会社アイシン化工株式会社
アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、アイシン軽金属株式会社、アイシン開発株式会社アイシン機工株式会社
アイシン・エーアイ株式会社アイシン辰栄株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社、豊生ブレーキ工業株式会社株式会社アドヴィックスシロキ工業株式会社、アート金属工業株式会社 (参加会社は太字で記載)