アイシングループ、「EVS31 & EVTeC 2018」に出展

2018.09.21

製品・展示会情報

 当社をはじめとするアイシングループ※1は、9月30日(日)から10月3日(水)まで、神戸コンベンションセンターで開催される「EVS31(第31回国際電気自動車シンポジウム・展示会) & EVTeC 2018(EV技術国際会議2018)」に共同出展し、電動化分野に関連した製品と技術を紹介します。
 
 トランスミッションでは、「FF2モーターハイブリッドトランスミッション」と、アイシンの主力製品であるオートマチックトランスミッションをベースとした「FF1モーターハイブリッドトランスミッション」を出展します。また、モーターと減速機から成る電動ドライブユニットのラインナップとして、前輪駆動車の後輪に搭載され、電動4WD用として使用されている量産中の小容量タイプと、大型SUVやミニバンへの対応を目指し開発中の大容量タイプの電気式4WDユニット「eAxle」を展示します。

 併せて、モーターやバッテリーなどの潤滑や冷却を行う電動ポンプや回生協調ブレーキなど、ハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)といったあらゆるタイプの電動化のニーズに合う製品を紹介します。

※1 アイシングループ主要14社:アイシン精機株式会社、アイシン高丘株式会社、アイシン化工株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、アイシン軽金属株式会社、アイシン開発株式会社、アイシン機工株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、アイシン辰栄株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社、豊生ブレーキ工業株式会社、株式会社アドヴィックス、シロキ工業株式会社、アート金属工業株式会社 (出展会社は下線および太字で記載)