アイシングループ、「北京モーターショー2018」に出展

2018.04.10

製品・展示会情報

当社をはじめとするアイシングループ※1は、4月27日(金)から5月4日(金)まで、中国国際展覧中心新館(中国・北京市)で開催される「北京モーターショー2018」に共同出展します。

アイシングループは、自動車業界を取り巻く構造変化に対応すべく「ゼロエミッション」「自動運転」「コネクティッド」の3つの分野に重点的に取り組んでいます。今回の出展では、中国の「新エネルギー車(NEV)」規制導入をうけて、特に「ゼロエミッション」分野を中心に紹介します。

パワートレイン分野では、電動化対応として、今まで培ったトランスミッションとモーターの技術から生まれた新開発の「FF1モーターハイブリッドトランスミッション」とPHVやEVユニットとして活用できる高出力でコンパクトな電動式4WDユニット「eAxle(イーアクスル)」を展示します。

また、電動化に対応したエネルギーマネジメント製品として、効率的なエネルギー利用を実現し燃費向上に貢献する「エンジン冷却用電動ウォーターポンプ」や「回生協調ブレーキシステム」などを紹介します。

併せて、電動化を見越した「ドアビーム」などのダイクエンチ製品による軽量化技術を紹介します。

その他に、グループが取り扱う幅広い分野の最新製品を搭載したデモカーも併せて展示します。これらの製品がクルマのどの箇所に使われているかがひと目でわかる構造になっており、それぞれの特長を動きや映像でもご覧いただけます。

アイシングループはこれからも、お客様の期待を第一に考えた製品・技術の研究開発を行い、さらなる競争力の強化をめざしていきます。

※1 アイシングループ主要14社:アイシン精機株式会社アイシン高丘株式会社アイシン化工株式会社アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、アイシン軽金属株式会社、アイシン開発株式会社、アイシン機工株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、アイシン辰栄株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社、豊生ブレーキ工業株式会社、株式会社アドヴィックス、シロキ工業株式会社、アート金属工業株式会社 (出展会社は下線および太字で記載)