三河地区矢作川河口にて環境コミュニケーション活動を実施

2017.10.07

トピックス

 当社をはじめとするアイシングループは、生物多様性への貢献を目的に、愛知県碧南市矢作川河口にて10月8日、環境活動(生物観察会、清掃活動)を実施しました。

 本活動では、社員が碧南海浜水族館職員や地域住民と一緒にモズクガニ、チゴガニ、ヨシエビ等の採取や水族館職員による生物観察会を実施したり、河川沿いでの清掃活動で約85kgのごみを回収したりするなどし、地域住民とのコミュニケーションを図りました。

 碧南海浜水族館担当者からは「生物観察会や、清掃活動などを通して地域でのコミュニケーション活動を行って頂き、感謝している。今後も継続的な活動をお願いしたい。」とのコメントを頂きました。

【活動概要】
実施日:2017年10月8日(日)
場所:愛知県碧南市矢作川河口
内容:
・生物採取と生物観察
・清掃活動およびごみの調査 : 計85kgのごみを回収 (清掃範囲 約1,000㎡)
参加人数:計57名 (一般参加者28名、碧南海浜水族館職員3名、アイシングループ26名)
(アイシングループ内訳:グループ10社、関連会社 10社 計26名)

生物採取と生物観察風景

水族館職員による生物解説風景

清掃活動風景

ごみ調査と重量測定風景

子供達の足、長靴洗いのお手伝い風景