家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステム「コレモ」2017年度モデルを供給開始

2017年7月 5日

 当社は、家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステム※「コレモ」の2017年度モデルを2017年7月より供給開始いたします。
 
 今回新たに供給を開始するモデルは、従来のモデルから実現している、送電ロスや排熱などを除いたエネルギー利用効率(総合効率) 90%を維持したまま、本体重量を約12%低減し、扱いやすい仕様となりました。さらに製品の耐久性に関しても、耐久時間が従来の約24000時間から約32000時間に向上しました。
 また、余剰電力の買取りができる送電仕様に変更したことで、環境にやさしく、より低コストでの使用が可能になりました。

 アイシンは、今後も「コレモ」や家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファームtypeS」を中心に、省エネルギーで快適な暮らしを実現する商品を提供していきます。

【主な特長】
 ・新排気熱交換器の開発と放熱ロス低減により、総合効率90%を実現
 ・タンクレス仕様の選択が可能になり、本体重量最大12%低減
 ・余剰電力の買取りができる逆潮設定に対応
 ・十字キー、ショートカットキーで操作が容易になった新しいリモコン

※ ガスエンジンにより電気を作り、その発生した熱を暖房に利用するシステム。

【製品仕様はこちら】

ページの先頭へ