2017年度アイシングループ6社合同入社式を実施

2017年4月 3日

 

 アイシングループ6社は、本日10時20分からアイシン精機体育館(愛知県刈谷市)において、新入社員1,659人の合同入社式を行いました。

 アイシン精機取締役会長の豊田幹司郎から、新入社員への歓迎と激励のメッセージが伝えられたのち、グループ6社の新入社員の代表として山根奈美さん(アイシン精機)が「失敗を恐れずに果敢にチャレンジし、仲間と切磋琢磨を重ねてアイシングループの次の50年を作りあげていきます。」と誓いの言葉を述べました。
 
※アイシン精機株式会社、アイシン高丘株式会社、アイシン化工株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、株式会社アドヴィックス

【豊田会長メッセージ要旨】

 アイシングループは、「品質をもっとも大切にすること」を共通の理念に事業活動に取り組んできました。
1965年製モデルの当社のミシンをお使いいただいているお客さまからいただいた手紙を紹介しましたが、50年以上前のミシンが、今も現役でお客さまのお役に立っていることは、品質を第一に取組んできた結果であり、モノづくりをしている私たちにとっての誇りです。アイシングループを支えた「品質至上」や「お客さま第一」の精神を未来へつなげていかなくてはなりません。

 「ドライバー異常時対応システム」や「リモートパーキング」といった多くの技術はまだ開発段階です。みなさんがそれぞれの分野で頑張り、これらをできるだけ早く商品化し、お客さまに当たり前に使っていただけるようになることを期待しています。

 アイシングループはこれまで、各事業の専門性を高めるために分社化経営を進めてきました。しかし、この4月からは分社化の良きDNAを活かしつつ、会社を超えた連携ができる組織体制をつくり、グループとしての競争力強化を進めることで、環境変化の波を乗り越えていこうとしています。

 そこで、みなさんに心掛けていただきたいことをお話します。
 仕事をする上では、人間関係が最も大切です。職場の人と良い関係を築くには日ごろからいろいろな人と話をするように心がけてください。
そして、相手と顔をつき合わせて話をすることです。メールや電話に頼らず、直接会って話をすることで、相手の言いたいことや人柄をより深く理解できるようになるはずです。
 多くの仕事はチームで行っています。チームの力が、一人では達成できない大きな夢の実現に繋がるのです。

 また、情報の確からしさを自分の目で見極めて判断してください。情報を鵜呑みにするのではなく、現場に足を運び、必要な情報を選択して判断するように努めてください。

 まずは、生活の場である地域社会や会社のルールをおぼえて、しっかり守ることはもちろん、社会人としての責任と役割を果たせるようになっていってください。

 若さあふれるみなさんの明日に大いに期待しています。

ページの先頭へ