アイシン精機株式会社とアート金属工業株式会社のピストン事業譲渡契約締結について

2017.03.24

事業展開

 

 当社及びアート金属工業株式会社(以下「アート金属」 社長:石原光章)は、2016年4月19日に締結しました経営統合に関する基本合意書の考え方を踏まえ、このたびアイシン精機からアート金属へのピストン事業の事業譲渡契約を締結いたしました。

  グローバル市場での競争が激化するなかで、世界ナンバーワンの競争力あるピストン事業の構築とその関連システム商品の開発加速、及び将来の成長に繋がる両社の強みを活かした事業の検討に向け、両社の保有するリソーセスと技術力を最大限に活用しながら最適な機能集約・連携体制構築を図り、市場競争力ある経営体制の確立をめざします。

 またアイシン精機及びアート金属は競争力強化の早期実現に向け、アイシン精機からアート金属へピストン事業の譲渡により、今後は、両社の顧客基盤・海外拠点を相互活用することで、グローバルな拡販や開発から生産までの一貫体制が整うことになります。

 

<ピストン事業譲渡契約の概要>
1.事業譲渡契約締結日:2017年3月24日
2.譲渡対象事業:アイシン精機が保有するピストン事業
3.事業譲渡の概要
  ①開発機能  2017年4月1日付けで譲渡
  ②国内生産  2017年4月1日以降順次移管
  ③国内商権  2017年4月1日から順次移管

 本事業譲渡により、アート金属は生産面、開発面などでさらなる効率化をはかり、ピストン事業の品質・コスト競争力の強化と規模拡大をめざします。また、アイシン精機は、グループ事業運営のより一層の効率化を図るとともに、今後も自動車関連分野においてグループの技術力を結集し、魅力ある新製品の開発・拡販に努めることにより企業価値向上を図ってまいります。