アイシングループ、「第23回ITS世界会議 メルボルン2016」に出展

2016.10.03

製品・展示会情報

  

 当社をはじめとするアイシングループ3社は、10月10日(月)から14日(金)まで、「The Melbourne Convention and Exhibition Centre (MCEC)」(オーストラリア・メルボルン)で開催される「第23回ITS世界会議メルボルン2016」に出展します。
 
 今回は「夢を叶える未来のモビリティライフ」をコンセプトに、"社会とあなたをつなぐ""乗る喜びを感じる""あなたを見守る"の3つのうれしさを実現する製品や技術を紹介します。
 
 展示会場近郊の「Albert Park Circuit」で行われるショーケース(屋外デモンストレーション)では、実車によるデモンストレーションを実施。アイシングループが自動運転に貢献すべく開発している以下の技術を披露します。

「ドライバー異常時対応システム」
(1) ドライバーモニターシステムを応用してドライバーの運転不能状態を検知し、車両を安全に路肩に退避させる。
(2) ユーザーのボタン操作でシステムが起動し、車線情報・工事情報などから安全な場所を検索して車両を停車させる。

「リモコン駐車」
(1)人の乗り降りしにくい狭い場所にスマートフォンを使って無人で駐車させる。
(2)狭い場所に駐車した車両を、スマートフォンを使ってユーザーの前まで無人で移動させる。
 
 また展示ブースでは、4種類の形態に変形させることで多用な用途に対応する1人乗りの電動モビリティ「ILY-A」の展示を行います。
 
※ アイシン精機株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、株式会社アドヴィックス
 
 <論文出展>
 ・「Development of Automatic Map Creation Function」(アイシン・エィ・ダブリュ)
 ・「Safe Vehicle Trajectory Prediction Using Deep Neural Networks and Camera Images」 (イムラ・ヨーロッパ)