2016年度アイシングループ6社合同入社式を実施

2016.04.01

組織・人事・採用

 

 アイシングループ6社は、本日10時30分からアイシン精機体育館(愛知県刈谷市)において、新入社員1,562人の合同入社式を行いました。 

 アイシン精機取締役会長の豊田幹司郎から、新入社員への歓迎と激励のメッセージが伝えられたのち、グループ6社の新入社員の代表として北原知沙さん(アドヴィックス)が「仲間と切磋琢磨を重ね、アイシングループの成長を加速させるよう、精一杯尽力してまいります。」と誓いの言葉を述べました。

 ※アイシン精機株式会社、アイシン高丘株式会社、アイシン化工株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、株式会社アドヴィックス

  

【豊田会長メッセージ要旨】

 新たな挑戦となるこれからの50年は、これまで経験したことのない環境変化が次々と押し寄せる中で、過去のお手本に頼ることはできず、私たち自身で成長の道筋を見出していかねばなりません。これからを担う皆さんにぜひ、心がけていただきたいことを3つ伝えます。

1. 「世界で通用する得意なことを持ってください。」
 まずは仕事をおぼえ、好きになるまでとことん努力し、自分の得意領域を作ってください。そしてグローバル感覚を身に着けることに努めてください。そのために、相手の国のルールを守ることはもちろん、その国の文化や習慣を理解し、その国の人々から信頼されるよう心がけてください。

2.「仕事はチームで行っていることを忘れないでください。」
 
一人ひとりがお互いの仕事を理解し、前工程から後工程へしっかりつなぐことで成果につながります。またチームとして成果を出し続けるためには、お互いに顔をつき合わせて話をするように心がけ、良い人間関係を築き上げてください。

3.「目の前にあふれる情報そのまま信用するのではなく、自分自身で考えて判断できるようになってください。」
 
社会生活においては、問題に対する答が用意されているとは限りません。適切な答を見出すためには、あふれる情報を鵜呑みにせず、いろいろな意見に耳を傾け、現場に足を運び、自分の目で確かめることで、自分なりの判断ができる能力を培ってください。

 

 若い皆さんが持っている大胆に突き進む力で、粘り強く難題に立ち向かってください。そして社会人としての責任と役割を果たせるようになってください。そのためにもまずは、自分のからだの健康と安全は、自身でシッカリ守り、コントロールすることを身につけてください。若さあふれる皆さんの明日に、大いに期待しています。