家庭用燃料電池エネファーム type Sの新製品発売について ~世界最高の発電効率・世界最小サイズを実現~

2016.02.24

製品・展示会情報

 当社は、家庭用燃料電池エネファーム type S※1の新製品を発売します。フルモデルチェンジとなる新製品は4月1日からガス会社向けに販売します。

 「エネファーム type S」は、当社、大阪ガス株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:本荘武宏)、京セラ株式会社(本社:京都府京都市、社長:山口悟郎)の3社とトヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男)が開発した技術をベースに商品化したものです。「エネファーム type S」は、電気を発生させるセルスタックを京セラが、セルスタックを組み込んだ燃料電池発電ユニット(以下、発電ユニット)を当社が、セット用給湯暖房機・リモコンを株式会社ノーリツ(本社:兵庫県神戸市、社長:國井総一郎)がそれぞれ製造します。
 今後も「エネファーム type S」のさらなる技術開発とコストダウンに努めるとともに、一層の普及促進に取り組み、お客さまの快適な暮らしの実現と地球環境の改善、エネルギーセキュリティの向上等に貢献してまいります。

主な特長は以下の通りです。

①世界最高の発電効率
 「エネファーム type S」は、SOFC(固体酸化物形燃料電池)とも呼ばれ、セルスタックにセラミックスを使用します。700~750℃の高温で作動することで、PEFC(固体高分子形燃料電池)より高い発電効率を実現することができます。新製品は、現行の「エネファーム type S」に比べ、発電時に発生する熱の損失を減らすことで、現行品の発電効率※246.5%から5.5%向上し、世界最高※3の52%(都市ガス13A)を実現しました。

②世界最小の機器本体サイズ
 新製品は、発電効率を高めた結果、排熱量が少なくなるため、その排熱を貯める貯湯タンクを現行品の90Lから28Lに小型化し、発電ユニットに内蔵しました。これにより、排熱利用給湯暖房ユニットを廃止し、通常の給湯暖房機に接続して使用することにより、世界最小※4の機器本体サイズを実現しました。
 
③設置可能住宅の拡大
 世界最小※4の機器本体サイズを実現したことにより、戸建住宅に比べて設置スペースに制約があるマンションなどの集合住宅への設置が容易になり、今まで以上にさまざまなお客さまに「エネファーム type S」をお使いいただけるようになりました。
 
④コストダウンを実現
 発電ユニットへの貯湯タンク内蔵化やシステム構成の大幅な見直しにより、コストダウンを実現しました。

⑤高い環境性を実現
 新製品では、給湯暖房システム※5と比べ、年間のCO2排出量を約1.9トン※6削減できます。
 
⑥停電時の自立発電出力をアップ
 新製品では、自立発電出力を現行品の350Wから700Wに向上し、停電時に利用できる電力が多くなりました。

【新製品の外観】

発電ユニット(左)・熱給湯暖房機(右)

浴室リモコン

台所リモコン

 

■製品の仕様こちら(PDF形式)

※1 「エネファームtype S」はクリーンな天然ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、発電した電気を家庭内で利用するとともに、その際に出る熱もお湯として有効に利用できる環境に優しいエネルギーシステムです。
※2 低位発熱量基準(Lower Heating Value)にて算出。LHVとは燃料ガスを完全燃焼させたときに生成する水蒸気の凝縮潜熱を発熱量に含めない熱量。
高位発熱量基準(Higher Heating Value)にて算出。HHVとは燃料ガスを完全燃焼させたときに生成する水蒸気の凝縮潜熱を発熱量に含めた熱量。
※3 定格出力1kW以下の家庭用燃料電池で世界最高の発電効率。2016年2月24日時点の当社調べ。
※4 家庭用固体酸化物形燃料電池で世界最小のサイズ(排熱利用システムを含む)。2016年2月24日時点の当社調べ。
※5  給湯暖房システム:ガス給湯暖房機を使用し、給湯と温水暖房(床暖房など)を行います。
※6 給湯暖房システムの「ガス給湯暖房機」を「エネファームtype S」新製品に変えた場合の当社試算値(戸建4人家族想定)。 
【CO2排出係数】ガス:2.29kg-CO2㎥、電気:0.69kg-CO2/kWh