社長年頭挨拶(要旨)

2016.01.07

組織・人事・採用

 昨年、創立50周年を迎えたが、歩んできた歴史を踏まえ、新たな50年も自分たちで成長の道筋を切り開き、「元気で持続的に成長できる会社」として歩み始めていかなくてはならないと考えています。
 取り巻く環境は大きく変化してきており、これまでの延長では、並み居る競合に打ち勝つことはできないと思います。私たちは世界で勝てる競争力をつけ、その結果として、毎年毎年、着実に利益を出し続けることができる"質"の高い成長へシフトチェンジする必要があります。
 そのような持続的な成長を遂げられる競争力の高い会社をめざすため、その最も良い方法についてグループで検討を重ね、一昨年末、4つの事業再編を意思決定しました。この事業再編は、あくまでも競争力強化が目的です。これらの事業再編を確実にやり切るとともに、事業効率向上によるコスト競争力の獲得や、商品力・提案力の強化による事業拡大といった効果を今年から確実に刈り取っていかなくてはなりません。

 昨年から各拠点を訪問し、そこでの取り組みや課題を直接この目で見てきましたが、残念ながら、やるべき課題が明確ではなく、責任者や役割分担があいまいなところも見受けられました。そこで「会社の課題を明確にして迅速に解決する」ことをねらいに、「商品軸・地域軸・機能軸 課題解決活動」をスタートしました。そして、約350の重点課題を洗い出し、各商品本部、各地域、各機能の活動目標に落とし込みました。今後、これらの重点課題をやり切るためには、「アクションプランを明確にし、スピード感を持って実行」していく必要があります。

 2016年を迎え、皆さんに、特に意識して頂きたいことは、次の2つです。
 

 1)「一人ひとりが元気で、新しいことにチャレンジする」
  「自分が社会や会社を変えていくんだ」という気概を持ち、一人ひとりが、元気で、結果を恐れず、新しいことに
  どんどんチャレンジして好きなことをやって欲しい。


 2)ただし、行く方向がバラバラではいけないので、「同じ方向へ向かう」
  できそうな楽な目標ではなく、志の高い目標を掲げるとともに、現場に足を運んで協力を引き出し、目標達成に
      向けた計画を、関係メンバー全員で共有する。グループのスローガンでもある「For A Better Tomorrow」 ワク
      ワクする いい明日に向かって、進む方向だけは合わせていきたい。

 今年のスローガンは、「好きなことをやって、いい明日をつくろう。」
 皆さんの夢や目標に向かって、皆さんが思う好きなことをやって欲しい。ただし方向を合わせ、いい明日に向かって欲しい。


<アイシン精機 新年始業式>
(日時)1月7日 10時~
(場所)アイシン精機 本社体育館(愛知県 刈谷市)