アイシン・エーアイにマニュアルトランスミッション事業を集約※アイシン・エーアイ株式会社、当社、トヨタ自動車からの共同リリースです。

2014.11.28

事業展開

アイシン・エーアイ株式会社
アイシン精機株式会社
トヨタ自動車株式会社

 

 当社、その子会社であるアイシン・エーアイ株式会社(社長:杉浦一道、以下、アイシン・エーアイ)とトヨタ自動車株式会社(社長:豊田章男、以下、トヨタ)は、自動車用マニュアルトランスミッション(以下、M/T)に関するトヨタの開発機能と国内生産をアイシン・エーアイに集約することで合意した。

 アイシン・エーアイは、これまでM/T専門メーカーとして、国内外の車両メーカー向けにM/Tの開発・生産を行っており、また、トヨタは、自社車両に搭載するM/Tの開発・生産を自らも行ってきた。

 今回の合意は、両社にまたがる機能を集約し、リソーセスを最適に配分することで競争力を強化していくことを狙いとしたものである。 今後、トヨタのM/T開発機能をアイシン・エーアイに移管していくとともに、トヨタ衣浦工場のM/T生産を2016年年央を目処にアイシン・エーアイに移管する。これらの移管を受け、アイシン・エーアイは、従来以上にM/Tの企画力・提案力を高め、世界トップのM/T専門メーカーを目指す。一方、トヨタはリソーセスを次世代トランスミッションおよびそれに関わる車両性能の開発に集中することで「もっといいクルマづくり」を更に推進していく。