アイシン精機がヴィッツの第三者割当増資を引き受け

2014.08.29

事業展開

アイシン精機株式会社
株式会社ヴィッツ

  当社と株式会社ヴィッツ(以下、ヴィッツ)は、ヴィッツが実施する第三者割当増資を当社が引き受けることに合意し、当社がヴィッツ株式の10.7%を2014年8月29日に取得しましたので、お知らせいたします。

 1.ヴィッツ第三者割当増資の理由
 
 近年、急速な自動車の電子化に伴って、制御の複雑化やソフトウェアの大規模化が年々進む中、電気電子システムの機能安全設計とソフトウェアのセキュリティ対策の重要性が増してきています。こうした状況の下、システム・メカ・ソフトウェア一体での商品企画・開発を加速し、機能安全設計の体制強化と開発効率の向上を図るため、当社がヴィッツの第三者割当増資を引き受けることといたしました。
 本第三者割当増資で調達した資金により、ヴィッツは経営基盤の強化を図ると共に、両社は人材交流や研究開発プロジェクトを通じて、最先端の技術開発に取り組んでいきます。

 2.会社の概要

社   名アイシン精機株式会社株式会社ヴィッツ
設   立1965年8月1997年6月
本店所在地愛知県刈谷市朝日町2丁目1番地愛知県名古屋市中区栄2丁目13番地1号
代 表 者取締役社長 藤森文雄代表取締役 脇田周爾
資 本 金45,049百万円62百万円
売 上 高796,122百万円1,009百万円
従 業 員 数12,945名107名
 主な事業内容   自動車部品および住生活関連機器の製造・販売     組込みソフトウェアの研究・設計・開発など