アイシングループ、インドネシア事業を強化

2014.04.22

事業展開

アイシン精機株式会社
株式会社アドヴィックス

 

 当社並びに株式会社アドヴィックス(本社:愛知県刈谷市 取締役社長:川田武司))のアイシングループ2社は、インドネシアにそれぞれ新会社を設立し、車体系製品事業を増強するとともに、エンジン部品とブレーキ部品の現地生産を新たに開始し、インドネシアでの事業体制を強化を図ります。 

 アイシン精機はインドネシアにおける2つめの生産会社となる、PT. AISIN INDONESIA AUTOMOTIVEをカラワン工業団地内に設立しました。これにより車体系製品の現地生産品目の拡大を図るとともに、新たにダイカスト設備を導入してエンジン部品の生産を開始します。1996年に設立した既存の生産会社であるPT. AISIN INDONESIAと合わせ、大幅な市場拡大が見込まれるインドネシアでの事業基盤強化を行います。 

 アドヴィックスは、インドネシアではアイシングループとして初となるブレーキ部品の生産会社PT. ADVICS MANUFACTURING INDONESIAを設立します。この新会社設立は、成長著しいインドネシア市場での事業拡大を狙いに現地生産を開始し、事業基盤の強化を図るもので、あわせて新規ビジネスの獲得を目指します。 

 アドヴィックスの新会社は、PT. AISIN INDONESIA AUTOMOTIVEの敷地内に設立し、2社でリソーセスを共有することで、グループでの効率的な運営を行うとともに、インドネシアでの供給体制を整えます。

 アイシングループは、今後も新興国での事業体制強化をはじめとした海外での事業拡大をすすめ、「AISIN Group Vision 2020」の達成を目指していきます。

 

※以下、通貨については1ルピア0.00893円で計算

<アイシン精機 新会社の概要>

1.社  名PT. AISIN INDONESIA AUTOMOTIVE
2.設   立2014年3月
3.所 在 地インドネシア・カラワン県
4.資 本 金3,800億ルピア(34億円相当)
PT. AISIN INDONESIA 100%
5.代  表社長 鏡味 聖治
6.業務内容自動車部品の生産、販売
7.生産品目車体部品(パワースライドドア、ドアハンドルほか)
エンジン部品(エンジンフロントモジュールなどのダイキャスト部品、オイルポンプほか)
8.生産開始2015年1月
9.売上規模2017年度見込み 約1兆4,880億ルピア(133億円相当)
10.従業員数2017年度見込み 約1,000名
11.面  積146,000㎡(敷地)、39,500㎡(建屋)

 

(参考)アイシン精機 既存会社の概要

1.社  名 PT. AISIN INDONESIA
2.設   立1996年4月
3.所 在 地インドネシア・西ジャワ州 ブカシ県
4.資 本 金1,322億ルピア(11.8億円相当)
アイシン精機(株) 57.8%
セナンティア・マクムール   34.0%
アイシン高丘(株)  1.6%
アイシン化工(株)  3.3% 
豊田通商(株)    3.3%
5.代  表社長 杉浦 正男
6.業務内容自動車部品の生産、販売
7.生産品目車体部品(クラッチカバー、クラッチディスク、ドアロック、ドアフレームほか)、
エンジン部品(インテークマニホールドほか)、その他
8.生産開始1996年7月
9.従業員数1,620名 (2014年4月1日)
10.面  積240,043㎡(敷地)、2,764㎡(事務所)、49,500㎡(工場)

 

<アドヴィックス 新会社の概要>

1.社  名PT. ADVICS MANUFACTURING INDONESIA
2.設   立2014年4月予定
3.所 在 地インドネシア・カラワン県 (PT. AISIN INDONESIA AUTOMOTIVE 内)
4.資 本 金1,100億ルピア(10億円相当)
5.代  表社長 薬師寺 諭志 (株式会社アドヴィックス 海外事業推進部)
6.業務内容ブレーキ製品の生産
7.生産品目ブレーキブースター、ドラムブレーキ、パーキングブレーキ
8.生産開始2014年12月予定
9.売上規模2017年度見込み 約4,000億ルピア(36億円相当)
10.従業員数2017年度見込み 約400名
11.面  積12,000㎡(建屋)