刈谷市内の小学校の授業で「アイシンものづくり出前講座」を実施しました

2013年1月24日

1月24日(木)、当社の企業市民活動を担当する「さわやかふれあいセンター」は、刈谷市立衣浦小学校5年生の授業で、「リニアモーター」をテーマに「アイシンものづくり出前講座」を開催しました。

 当社では、子どもたちに「ものづくり」を通して科学的な目を養ってもらおうと、地域の小学校に出向いて、座学やものづくり体験を行っていますが、今回の開催で、今年度5回目、2009年度の初開催より通算15回目になります。

 当日は、「さわやかふれあいセンター」のメンバーが、リニアモーターについて、仕組みの説明と製作の指導を行いました。

 子どもたちは、みんなでものづくりを楽しみながら、科学についての関心を高めた様子で、「難しいところもあってたいへんだったけど、自分で作った リニアモーターが動いた時、とてもうれしかった。」「みんなで協力しながら作るところもあって、とても楽しかった。」などの声が聞かれました。

また、ものづくりを楽しむ子どもたちの様子を見守っていた先生からは、「子どもたちがとてもいきいきと活動し、できあがったリニモを大事そうに持ち 帰る姿がとても印象に残りました。」「子どもたちは、カッターナイフを使うなどあまり慣れていない作業に、少し大変さを感じながらも、ものづくりに夢中に なって取組んでいました。」などの声が聞かれました。

 アイシンは、今後も「自然・環境保護」「青少年育成」「まちづくり」の3つを重点分野として、地域に密着した企業市民活動に積極的に取り組んでいきます。

1.日時・場所 2013年1月24日(木)1,2時間目と3,4時間目
刈谷市立衣浦小学校 理科室
2.参 加 者 刈谷市立衣浦小学校の5年生2クラスの児童74名
3.開催内容 5年生理科「電磁石」の学習プログラムの導入授業として、ものづくり講座を開催
4.講座内容 (1)リニアモーターの仕組み(座学)
(2)リニアモーターの製作、作動確認(体験)


リニアモーターの説明に興味津々の子どもたち


ものづくりに真剣に取り組む子どもたち

ページの先頭へ