刈谷市内の小学校の授業で「アイシンものづくり出前講座」を実施しました

2013年2月20日

 2月20日(水)と21日(木)、当社の企業市民活動を担当する「さわやかふれあいセンター」は、刈谷市立朝日小学校5年生の授業で、「リニアモーター」をテーマに「アイシンものづくり出前講座」を開催しました。

 当社では、子どもたちに「ものづくり」を通して科学的な目を養ってもらおうと、地域の小学校に出向いて、座学やものづくり体験を行っていますが、今回の開催で、今年度6回目、2009年度の初開催より通算16回目になります。

 当日は、「さわやかふれあいセンター」のメンバーが、リニアモーターについて、仕組みの説明と製作の指導を行いました。

 子どもたちは、みんなでものづくりを楽しみながら、科学についての関心を高めた様子で、「いろいろ失敗もあったけど、できあがって動いたとき、頑 張って作って本当に良かったと思った。」「今回のものづくりで理科が好きになった。もっといろいろなものづくりもしてみたい。」などの声が聞かれました。

 また、ものづくりを楽しむ子どもたちの様子を見守っていた先生からは、「リニアモーターが完成して動いた時、子どもたちはとても良い表情をしていた。」「子どもたちは、休憩時間もリニアモーターで遊んでいて、とても楽しそうだった。」などの声が聞かれました。

 アイシンは、今後も「自然・環境保護」「青少年育成」「まちづくり」の3つを重点分野として、地域に密着した企業市民活動に積極的に取り組んでいきます。

1.日時・場所 2013年2月20日(水)1,2時間目と3,4時間目
2013年2月21日(木)1,2時間目
刈谷市立朝日小学校 理科室
2.参 加 者 刈谷市立朝日小学校の5年生3クラスの児童110名
3.開催内容 5年生理科「電磁石」の学習プログラムの導入授業として、ものづくり講座を開催
4.講座内容 (1)リニアモーターの仕組み(座学)
(2)リニアモーターの製作、作動確認(体験)


リニアモーターの説明に真剣な子どもたち


指導員のアドバイスのもと、真剣な表情で作業する子どもたち

ページの先頭へ