アイシングループ、「第20回ITS世界会議 東京2013」に出展

2013.10.08

製品・展示会情報

 当社をはじめとするアイシングループの5社*1は、10月14日(月)から18日(金)まで、東京ビッグサイトで開催される「第20回ITS世界会議 東京2013」*2の展示会に共同出展します。

 今回は「安心で楽しいサスティナブル・コミュニティ実現に向けて『人にやさしいモビリティ』」をテーマに出展。「さり気なく、隔てなく、途切れない」「誰でも安心できる」「ワクワクできる」アイシングループが開発に取り組んでいる先端技術を披露します。
 展示ブースでは、アイシングループが考える「近未来の人と車の触れ合い」について、3つのソリューションをドライビングシミュレーターで模擬体験できます。また、会期中にアイシングループが発表する8件の技術論文についてのパネル展示とそれらの関連製品を展示します。
 同会場で行われるショーケース(屋外でのデモンストレーション)のプログラムでは、「コミュニティー・ゾーンにおける安全支援」と題し、車載カメラとナビゲーション、ブレーキシステムを活用して、人々をより安全に導くデモンストレーションを行います。

*1 アイシン精機株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、株式会社アドヴィックス、
イムラ・アメリカ(米国)、イムラ・ヨーロッパ(仏)
*2 開会式:2013 年 10 月 14 日(月)/東京国際フォーラム
展示会:2013 年 10 月 15 日(火)~18 日(金)/東京ビッグサイト

<ご参考>

1.ドライビングシミュレーターで模擬体験できる内容

3つのソリューションで、アイシングループの技術やサービス、システムを紹介します。
①「次世代HMI、自動駐車」の体験では、ナビ情報を使ってユーザーをサポートし、駐車スペースへ自動運転で駐車するなど、ドアtoドアでユーザーをさり気なくサポートします。
②「AR案内、わき見警報、自動ブレーキ」の体験では、車内外のセンサーを利用し、危険を察知、回避することで安心を提供します。
③「車両統合制御」の体験では、「走る、曲がる、止まる」を統合的に制御することで、クルマを手足のように操るワクワク感を実現します。
ドライビングシミュレーター

2.ショーケース「コミュニティー・ゾーンにおける安全支援」の概要

 近年、住宅街での住民の安全を確保するためにコミュニティ・ゾーンが設置されつつあります。このコミュニティ・ゾーンを例に取り走行、駐車(駐車 しにくい場所での自動駐車)、発進時に歩行者等を検知してドライバーに知らせる技術やドライバーが不安全な行動をしたら警告する技術を紹介します。
 デモンストレーションでは、クルマがコミュニティ・ゾーンに入ったら歩行者優先モードに切り替わり、歩行者を検知してドライバーに知らせたり、ドライバーが不安全な行動をしたら警告を発します。また、駐車しにくい場所での自動駐車も体験できます。