西尾市の小学生を対象に環境学習イベントを開催 ~工場での水の使われ方を見学し、工場排水が流れ出る河川で水生生物調査を実施~

2012.10.09

CSR

  当社は9月25日(火)、西尾市立米津小学校の4年生62人を対象に、西尾ダイカスト工場(愛知県西尾市)にて工場と排水処理施設の見学会、また隣接する朝鮮川の水生生物調査を行いました。

 当社は2006年から刈谷市や西尾市、安城市など拠点が立地する地域の子どもたちを対象に、環境学習の支援活動を行っています。2008年に始 まった「西尾地区 水生生物調査」では、自然環境保護と生物多様性保全の観点から、水の浄化活動がいかに大切かを感じてもらうことをねらいとして、近隣の 小学生を対象に、工場内での一連の水の流れを理解してもらえるよう生産現場、工場の排水処理施設の見学と、工場排水が流れ出る朝鮮川で水生生物調査を実施 してきました。

 当日は、まず工場内にてピストンの製造過程や、水の使われ方を見学した後、水のろ過の仕組みを実験を通して学習し、その後、排水処理場で排水を浄 化する処理過程を学んでもらいました。続く水生生物調査では、環境調査・生物の専門家、児童、当社スタッフが一緒になり朝鮮川の生物を採取しました。前年 度までに確認されたナマズ、ヨシノボリ、スゴモロコに加え、テナガエビ、ウナギも新たに確認できました。今回の調査は、今までで一番多くの数や種類の生物 を採取でき、朝鮮川が年々、水生生物が住みやすい環境になっているということが分かりました。

 参加した児童からは「朝鮮川の生物のことを考えて水をキレイにしていることがわかった」「ウナギを捕まえることができてうれしかった」などの声が上がり、水の浄化過程や、身近な川にどんな生物が生息しているかを知る学習を通し、自然環境への関心が高まった様子でした。

1.実施日時2012年9月25日(火)9時~16時
2.場  所アイシン精機 西尾ダイカスト工場(西尾市南中根町小割)
3.参 加 者西尾市立 米津小学校 4年生 62人
4.内  容工場・排水処理施設の見学、朝鮮川の水生生物調査


工場内排水処理場で排水の浄化処理過程を見学


工場用水を再現した水を使ったろ過処理の模擬体験


朝鮮川で採取した生物調査に真剣な児童