アイシン、「第19回ITS世界会議 ウィーン2012」に出展

2012.10.11

製品・展示会情報

アイシングループブース(イメージ図)

当社とアイシン・エィ・ダブリュ株式会社(本社:愛知県安城市 取締役社長:川本睦)ほか3社※1は、10月22日(月)から10月26日(金)まで、オーストリア・ウィーン市で開催される「第19回ITS世界会議ウィーン2012」に共同出展します。

 今回は、「危険を知らせる技術」「うっかりミスをなくす技術」「ドライバー自身を見守る技術」をテーマにデモンストレーションカーや映像、論文発表で最新のITS開発技術を紹介します。

 ドライバーの呼吸や心拍を常に監視する技術と瞼の動きや顔の向きをモニタリングすることで危険な運転や居眠り運転を発見し警告するシステムに、ドライ バーの異常を検出した場合、自動で減速し路肩停止するなどセンサー技術に加え、ブレーキやステアリングの制御技術などアイシングループの総合力による最新 技術を紹介します。

 また、「逆走防止技術」「障害物回避ブレーキ」「誰にでも見やすい色調技術」などの論文発表も行います。
※1)アドヴィックス、イムラヨーロッパ、イムラアメリカ

「デモンストレーションカー」(アイシン精機)

その他の主な出展品・論文発表
・誰にでも見やすい色調技術(論文発表)
・逆走防止技術(論文発表)
・障害物回避ブレーキ(論文発表)
・タッチパッド操作NAVI(出展品)
・エコ運転支援技術(出展品)ほか