自動車の「操る楽しさ」を向上させる「ドアスタビライザー」が2012年度グッドデザイン賞(Gマーク)を受賞

2012.10.02

製品・展示会情報

 当社の「自動車部品 ドアスタビライザー」が、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2012年度グッドデザイン賞」(通称:Gマーク)を受賞しました。
 今回、受賞した「ドアスタビライザー」は、トヨタ86のドアストライカー部分に後付けで装着することで、ステアリング操作に対するレスポンスを向上させるという画期的な製品です。車両の後付けで手軽に操縦性を高め、車の「操る楽しさ」を追求した点が評価されました。
 なお、当社としてGマークの受賞総数は、1961年の初受賞以来、累計で95点となります。

<商品概要>
商品名:ドアスタビライザー(TOYOTA86用)
店頭販売価格:14,700円(税込み)
販売方法:トヨタテクノクラフト(TRD)を通じて全国トヨタディーラーで販売

<キャッチ(ボディ)側>

 <ドア側>  

ドアスタビライザー装着(TOYOTA86)

◇受賞要因と評価コメント
近年、自動車本来の楽しみである「走り」に注目が集まっているが、車両に後付けで装着することで車体全体の剛性を高め、手軽に操縦性を高める興味深い製品です。
車体構造やドアロックの技術に精通した企業の中から生まれた「小さな部品が生み出す大きな力」を評価したい。(※審査員評価コメント引用)

◇デザインについて
・車両剛性を高める機能を感じさせるメカニカルで高級感を演出する存在感あるデザイン
・装着の簡単さと取り付けネジが見えないスタイリッシュな構成を両立させるデザイン
・隙間をゼロに自動調整するスライド部材の傷付きへの配慮と高級感を演出する表面処理

◇デザイナーからのコメント
限られたスペースの中で機能的、デザイン的に満足が得られる造形を考えるのに苦労しました。また、車両のドアを開けた時にドライバーが嬉しさを感じる格好 良さを大切にデザインしました。すばらしく(想像以上に)自動車の運転が楽しくなるということをみんなに感じてもらいたいと思っています。