環境への取り組み GHP は地球環境保護に貢献します

1987年、GHP は第二次オイルショックや猛暑をきっかけとした省エネルギー化・電力負荷平準化を目指した対策機器として誕生。 発売から 30年、GHP はずっと節電に貢献し続けています。2011年3月の震災以降、深刻な電力不足を背景に、GHP の節電効果に注目が集まっています。
30年の間に進化を遂げた GHP。 最新の Fシリーズは消費電力が EHP の 1/100、少ない消費電力で空調することができます(注1)。 今までも、そしてこれからも節電のため、地球環境のため、アイシン GHP は貢献し続けます。

(注1) Fシリーズハイパワーマルチの場合。

GHPは節電に貢献しています

GHPはエネルギーの使い分けで電力削減に貢献できます

■年間の光熱費 (イメージ)
契約電力の低減
GHP は電気ではなくガスで空調を行うため、電気ヒートポンプ (EHP) に比べて、消費電力量が大幅に少なくなり、電力需要抑制に大きく貢献します。 また、契約電力量が下がるので、電力基本料金を抑えること (デマンドカット) ができます。

GHP はライフサイクルの視点で環境に配慮しています

エンジンオイル交換不要で廃油処理不要

環境保護
長寿命オイルの開発により、定期点検時のエンジンオイル交換が不要です (補充のみ) 。 オイルの省資源化だけでなく、定期点検時に使用済みの廃油処理が不要なため、環境にやさしいシステムです。

ガスはロスの少ないエネルギーです

ガスはお客様のもとでそのまま使うためエネルギーロスの少ない効率のよいエネルギーです。 GHP は、効率のよいガスを使った分散型エネルギー機器です。
ガスはほぼ100%をエネルギーとして利用できるのです。
(注1)
省エネ法 1kW = 9.760kJ から算出
■ガスと電気のエネルギー比較
ガスと電気のエネルギー比較

様々な面で環境負荷を低減

廃材の削減

今後増加が見込まれるリニューアル需要に対応し既設配管をそのまま使えるリニューアル対応機をラインアップしています。 コンプレッサー、冷凍機油、フィルターキットの技術開発により実現したもので、配管材料など廃材を最小限にします。
リニューアル 配管はそのままでOK!
(注1)
リニューアル前機種の冷凍機油の種類や組み合わせ、使用状況によって洗浄が必要な場合があります。

室外ユニット連結で省エネルギー

室外ユニットを連結する「まとマルチ」。 空調負荷に応じて、効率よく運転するため、ビル用マルチ(単独)に比べて省エネ性が優れています。これにより、CO2 排出量削減にもつながります。
まとマルチ 室外ユニット連結で省エネルギー

高効率化でグリーン購入法に適合

高効率化でグリーン購入法に適合 エネルギー消費効率が高く、オゾン層を破壊しない冷媒(R410A)を採用していることからグリーン購入法の基準を満たしています。
フロン排出抑制法・省エネ法
商標 「ハイパワーマルチ」、ハイパワーマルチロゴマークは大阪ガス株式会社の登録商標です。
掲載記事・写真・図表などの複製、無断転載を禁止します。
PAGE TOP