まとマルチ・ハイパワーマルチ 室外ユニット連結で省エネルギー、発電機搭載で省電力

室外ユニットを連結する「まとマルチ」。空調負荷に応じて効率よく運転するため、高い省エネ性を実現します。
発電機を搭載している「ハイパワーマルチ」。消費電力の大幅低減を実現します。

まとマルチ

まとマルチ
室外ユニット 2 台の連結により、中・大規模空調に対応。
省エネ性に優れた快適空調を低コストでお届けします。
リニューアル対応機
→  リニューアル中・大規模物件にも対応可能
連絡冷媒配管レス
→  配管工事費低減可能
まとマルチ 
450~850形

幅広い設計自由度

豊富な室内ユニットラインアップ(22 ~ 280形)の中から選んで多彩な空調設計に対応できます。

室内ユニット接続台数:最大 63
室内ユニット接続容量:50~130 %(注1)

(注1)
外気処理エアコンをご使用の場合は、室内ユニット接続容量が 100% 以下となるよう接続してください。また、外気処理エアコンと他の室内ユニットを混在する場合は室内ユニット接続容量が 100% 以下かつ外気処理エアコンの接続容量が室内ユニット接続容量の 30% 以下となるよう接続してください。

配管材料・作業費を低減

まとマルチは、ビル用マルチと比べて冷媒配管本数を半分にできるので、パイプシャフトのスペースを削減可能なほか、配管材料、作業費を低減できます。

■配管本数(ガス管、液管)
ビル用マルチ4本からまとマルチ2本へ

ローテーション運転によるメリット

まとマルチでは各室外ユニットの運転時間に応じてローテーション運転を行うことで、ロングライフ化を実現しています。また、定期点検の時期が同期するので、定期点検の計画がしやすくなります。

■ローテーション運転例
ローテーション運転例
自動バックアップ運転
万が一、機器にトラブルが生じても、自動バックアップ運転機能があるから安心。 配管系統は 1 つにつながっているので、継続運転が可能。ただし、空調能力は室外ユニット 1 台分 です。
一部の機種において、手動でバックアップ運転をしていただく場合があります。詳しくは当社営業所までお問い合わせください。
トラブル発生時
自動バックアップ運転のエラー表示がリモコンに表示され、自動バックアップ運転を開始しますが、修理対応のため当社コールセンターにご連絡ください。また、故障の内容によっては、自動バックアップにならないケースがあります。

ハイパワーマルチ

まとマルチ
搭載された発電機により、ファンモーターや冷却水ポンプへ電力を供給できます。 これにより、消費電力の大幅低減を実現します。特に、室外ユニット設置台数が多い場合、契約電力の削減に大きく寄与します。
■消費電力量比較
消費電力大幅低減
定格時冷暖房平均、F2シリーズ 450~850形(ガス種:都市ガス 13A および LPガス(い号プロパン))平均
GHP の値は JIS B 8627 に基づいています。
EHP の値は JRA4002 : 2013R に基づいています。
■450~850形
ハイパワーマルチ
発電機搭載
ハイパワーマルチ
ハイパワーマルチリニューアル
ハイパワーまとマルチ
ハイパワーまとマルチリニューアル
商標 「エグゼアⅡ」、エグゼアⅡロゴマーク は東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、東邦ガス株式会社の登録商標です。
商標 「ハイパワーマルチ」、ハイパワーマルチロゴマークは大阪ガス株式会社の登録商標です。
掲載記事・写真・図表などの複製、無断転載を禁止します。
PAGE TOP