ハイブリッド空調システム GHP と EHP のメリットを活かした新しいタイプの空調システムです。
GHP(16馬力相当)と EHP(8馬力相当)を同一の冷媒系統に接続したハイブリッド空調システム。 GHP と EHP の最適運転制御で、省エネ・省コストに貢献します。大手都市ガス3社の遠隔監視システムとの連動により、「スマートマルチ」としての使用が可能(注1)です。
(注1)
専用遠隔アダプタの接続およびサービス契約が別途必要です。
「スマートマルチ」とは、大手都市ガス3社の遠隔監視サーバーと通信する遠隔監視アダプタを室外ユニットに有する
ハイブリッド空調システムです。
能力 ハイブリッド

ハイブリッド空調システムの概要※ 「スマートマルチ」として使用した場合

概要
  • 東京ガス株式会社の「エネシンフォ」、大阪ガス株式会社の「エネフレックススマート」等の遠隔監視サーバーからの最適制御サービスの契約が必要です。
  • 当社GHP遠隔監視システム「アイ・ニューロ」は最適制御サービスには非対応です。
(注1)
電力パルスの取出しが必要です。
遠隔監視アダプターの取付位置は、遠隔監視アダプターの施工説明書でご確認ください。
ランニングコスト比較(イメージ)
<条件>
  • 業種:事務所ビル 5,000m2
  • 設置機器容量:24馬力×8台=192馬力
  • 電力料金:東京ガス(株)業務用電力
  • ガス料金:東京ガス(株)小型空調契約
  • 最適制御サービス:東京ガス(株)「エネシンフォ」
設置条件、運転条件により効果は異なります。
ガス会社様の遠隔監視サーバーからの最適制御サービスによるものです。
比較
ガス・遠隔制御サービス 電気

ハイブリッド空調システムのメリット※ 「スマートマルチ」として使用した場合

メリット
契約電力を大幅に削減 メリット

GHP の消費電力量は EHP の約 1/10 なので、ピーク電力を大幅に削減。そのため、GHP と EHP の組み合わせであるハイブリッド空調システムでも、契約電力を抑えることができ、電力基本料金を削減します。

1日の電力需要(イメージ)
電力需要
メリット
もっとも高効率のポイントでEHPとGHPを
運転(注1)することで省コストを実現
メリット

外気温や稼動状況に合わせ、GHP と EHP の運転比率を、もっともエネルギー効率がよいポイントに調整します。合計消費エネルギーが抑えられ、省エネ、省コストにつながります。

(注1) ガス会社様の遠隔サーバーからの最適制御サービスによるものです。
ハイブリッド空調システムの運転例(イメージ)
システム運転例
メリット
エネルギーコストの
変動に追従(注1)
メリット

最適制御サービスでガスと電気の料金変動に追従した運転制御を行います。

(注1) ガス会社様の遠隔サーバーからの最適制御サービスによるものです。
エネルギーコストによる運転例(イメージ)
コスト運転例
メリット
業界最小サイズ、最軽量(注1) メリット

「GHP 業界最小の GHP16馬力」と「EHP 業界最小の EHP8馬力」の組み合わせのため、ハイブリッド空調では最小の設置面積、最軽量の本体質量。小規模の事務所ビルなどでも使いやすい小型、軽量のシステムです。

(注1)
GHP + EHP 連結タイプの場合
2017年10月現在(サービススペース含む)
メリット
豊富な接続可能室内ユニット
ラインアップ
メリット

アイシンのハイブリッド空調システムは、24タイプ、133種類の室内ユニットを接続可能です。(詳細はこちら

ハイブリッド空調システムの最適な遠隔制御による夏期の1日の運転例(イメージ)

運転例
仕様表はこちら

接続可能室内ユニットの詳細はこちら
ハイブリッド空調システムは東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、東邦ガス株式会社、ダイキン工業株式会社、アイシン精機株式会社の5社が共同で開発しています。
商標「スマートマルチ」、「スマートマルチロゴ」は、東京ガス株式会社の登録商標です。
商標「ストリーマ」、「ラウンドフロー」、「S-ラウンドフロー」は、ダイキン工業株式会社の登録商標です。
掲載記事・写真・図表などの複製、無断転載を禁止します。
PAGE TOP