ENGLISH | 日本語

アイシンは、4月4日から9日までイタリア・ミラノにて開催される

ミラノデザインウィーク2017に出展いたします。

モビリティの新しい時代を拓き、人とクルマの新たな関係をリードしていくことを目指し、

The next frontier in mobility」をテーマとしました。

 

今回は、「自動運転」「コネクティッド」「ゼロエミッション」

3つの技術領域への取組みをクリエイターとともに表現し、

クルマをもっと人に寄り添う存在に進化させるための新たな可能性をご提案いたします。

Outline 開催概要

テーマ: The next frontier in mobility

開催期間:

2017年4月4日(火)~9日(日)

10:30〜22:00

オープニングレセプション:

4月4日(火)19:00〜21:00

Creators クリエイター

吉泉聡(デザイナー)/TAKT PROJECT Inc. 代表

東北大学工学部機械知能工学科卒業。デザインオフィスnendo、ヤマハ株式会社デザイン研究所を経て、2013年TAKT PROJECT Inc.を共同設立。

DESIGN THINK+DO TANKを掲げ、デザインを通して「別の可能性を作る」さまざまなプロジェクトを展開している。

実験的な自主研究プロジェクトを行い、その成果をミラノサローネ、メゾン・エ・オブジェ・パリ、香港M+など国内外の美術館やデザインインベントで発表・招聘展示。

その研究成果をベースに、様々なクライアントとコラボレーション、プロジェクトに応じてデザインの役割を最大化する独自のアプローチを特徴とする。

2017年iFデザインアワード プロフェッショナルコンセプト(独)、2016年レッド・ドット・デザインアワード・デザインコンセプト(独)。

http://taktproject.com/

吉本英樹(デザインエンジニア)/Tangent Design and Invention Ltd 代表

東京大学にて航空宇宙工学修士(2010)/学士(2008)、英国ロイヤルカレッジオブアートにてイノベーションデザイン工学博士(2015と世界最高峰の大学院にて工学とデザインを学び、両分野で多数の受賞歴を持つ。その学際的な知識により、英国ロンドンにて、ディレクターとしてTangent Design and Invention Ltdを率いる。

レクサスデザインアワード(2013)、レッドドット・デザインコンセプト・ベストオブザベスト賞(2012)、日本人工知能学会・全国大会優秀賞(2010)、日本情報処理推進機構・スーパークリエータ認定(2010)

http://www.tangent.uk.com/

森ひかる(デザイナー)/ZITOMORI

1991年東京芸術大学大学院修了後、渡伊。ミラノにおいてデザイン、建築、ランドスケープを主体に統合的、流動的な立場でプロジェクトを行う。1999年よりZITO+MORIとしてMAURIZIO ZITOと建築ユニットを組む。主な作品に、照明システム「ADAM」(LUCITALIA)、バスルームシステム「STONE LIKES WATER」(PIBAMARMI)、照明「Carmencita」(NEMO-CASSINA)。建築作品に「FEUDI DI SAN GREGORIO社」(ワイナリー)、 「BISCEGLIA社」(ワイナリー)、「Vigna la Corte」(複合商業宿泊施設)、Controne市河川敷公園計画。

2010年イタリア建築学会カンパニア州新建築賞金賞。2011年「イスキア国際建築賞」銀賞。2012年Wallpaper Design Award Best Lamp賞。2016年イタリア建築学会カンパニア州野外建築賞。

http://www.zitomori.com/

会場地図

トリエンナーレ美術館 クーボ ビー

CUBO B, La Triennale di Milano

住所:Viale Alemagna,6

( イタリア・ミラノ センピオーネ公園内)

アクセス:ミラノ市営地下鉄M1/M2

Cadorna(カドルナ)駅下車

会場:

トリエンナーレ美術館 クーボ ビー

CUBO B, La Triennale di Milano

Viale Alemagna,6 Milano

(イタリア・ミラノ センピオーネ公園内)

展示スペース: 450㎡

制作

クリエイター:

吉泉聡(TAKT PROJECT

吉本英樹(Tangent

阿部伸吾

総合プロデューサー: 桐山登士樹(TRUNK

会場デザイナー: 森ひかる(ZITOMORI

テクニカルディレクター: 遠藤豊LUFTZUG

サイン・グラフィックデザイナー: 木村愛

主催

アイシン精機株式会社

〒448ー8650

愛知県刈谷市朝日町2−1

www.aisin.co.jp

^ ^

Outline 開催概要

Creators クリエイター

吉泉聡(デザイナー)

/TAKT PROJECT Inc. 代表

東北大学工学部機械知能工学科卒業。デザインオフィスnendo、ヤマハ株式会社デザイン研究所を経て、2013年TAKT PROJECT Inc.を共同設立。

DESIGN THINK+DO TANKを掲げ、デザインを通して「別の可能性を作る」さまざまなプロジェクトを展開している。

実験的な自主研究プロジェクトを行い、その成果をミラノサローネ、メゾン・エ・オブジェ・パリ、香港M+など国内外の美術館やデザインインベントで発表・招聘展示。

その研究成果をベースに、様々なクライアントとコラボレーション、プロジェクトに応じてデザインの役割を最大化する独自のアプローチを特徴とする。

2017年iFデザインアワード プロフェッショナルコンセプト(独)、2016年レッド・ドット・デザインアワード・デザインコンセプト(独)。

http://taktproject.com/

吉本英樹(デザインエンジニア)

/Tangent Design and Invention Ltd代表

東京大学にて航空宇宙工学修士(2010)/学士(2008)、英国ロイヤルカレッジオブアートにてイノベーションデザイン工学博士(2015と世界最高峰の大学院にて工学とデザインを学び、両分野で多数の受賞歴を持つ。その学際的な知識により、英国ロンドンにて、ディレクターとしてTangent Design and Invention Ltdを率いる。

レクサスデザインアワード(2013)、レッドドット・デザインコンセプト・ベストオブザベスト賞(2012)、日本人工知能学会・全国大会優秀賞(2010)、日本情報処理推進機構・スーパークリエータ認定(2010)

http://www.tangent.uk.com/

森ひかる(デザイナー)/ ZITOMORI

1991年東京芸術大学大学院修了後、渡伊。ミラノにおいてデザイン、建築、ランドスケープを主体に統合的、流動的な立場でプロジェクトを行う。1999年よりZITO+MORIとしてMAURIZIO ZITOと建築ユニットを組む。主な作品に、照明システム「ADAM」(LUCITALIA)、バスルームシステム 「STONE LIKES WATER」(PIBAMARMI)、照明「Carmencita」(NEMO-CASSINA)。建築作品に「FEUDI DI SAN GREGORIO社」(ワイナリー)、「BISCEGLIA社」(ワイナリー)、「Vigna la Corte」(複合商業宿泊施設)、Controne市河川敷公園計画。

2010年イタリア建築学会カンパニア州新建築賞金賞。2011年「イスキア国際建築賞」銀賞。2012年Wallpaper Design Award Best Lamp賞。2016年イタリア建築学会カンパニア州野外建築賞。

http://www.zitomori.com/