Milan Design Week 2016

April 12th to 17th 2016

アイシン精機株式会社は、4月12日から17日までイタリア・ミラノにて開催されたミラノデザインウィーク2016に出展いたしました。

テーマは「Imagine New Days」。

アイシンが「これからの人の暮らしをかえていこう」というデザインプロジェクトです。

ミラノデザインウィーク2014より出展しており、今回が3回目の出展となります。

今回はテキスタイルデザイナー鈴木マサルとロンドンで活躍するデザインエンジニア吉本英樹、ミラノを拠点に活躍するデザイナー伊藤節、伊藤志信を迎え、アイシンが考える暮らしを豊かにするための新たな可能性を提案いたしました。(敬称略)

Milano Design Award 2016
“BEST ENGAGEMENT by IED”
受賞!

 

本展示は「Milano Design Award 2016」において今回出展した1,135組のブースの中から「Milano Design Award 2016 Best Engagement by IED」を受賞いたしました。
本件に関するニュースリリースはこちら

開催概要

テーマ: Imagine New Days

開催期間:

2016年4月12日(火)~17日(日)

10:00-21:00(最終日18:30まで)

オープニングレセプション:

4月12日(火)18:00 - 21:00

会場:

スーパースタジオ・ピュウ ラウンジ

Via Tortona 27, Milan

展示スペース: 380㎡

展示作品

Drive to shine

吉本英樹(デザインエンジニア)

 

トンネルの中に広がる幻想的な風景。大小の歯車がゆっくりと回転し、そこに開けられた無数の穴から木漏れ日のような光が射し込みます。作品奥に鎮座する大木に触れると、まるで人のエネルギーが伝達するかのように、歯車と光が伝播し変化していきます。歯車はクルマ社会を支え続けるアイシンのシンボルであり、足元に広がる光の風景は豊かなクルマ社会を表現しています。

人々のエネルギーがアイシンに活力を与え、これからもクルマ社会を支え続けるアイシンの約束が体験できる作品です。

STITCH FIELD

鈴木マサル(テキスタイルデザイナー)

 

風が通り抜け、揺らぐ、ミシン糸のステッチが紡ぎたしたピースフルな空間が浮かび上がります。自由に散策し、休息することができる草原をイメージした空間は、アイシンの「おえかきミシン」を使って、一本一本手作業でステッチされた無数のテキスタイルで構成されています。

また、来場者が実際にミシンによるステッチワークを通じて“ ものづくりの楽しさ”を体感することができます。

TORTA

伊藤節&伊藤志信(デザイナー)

 

ホールケーキから切り取ったような形状のミシンテーブルとスツール「TORTA」。

親子、友達など2人が一緒に座って交換しながら楽しく「おえかきミシン」を使うことができ、新しいミシンを使った“ ものづくり”スタイルを提案しています。スツールには、アイシン独自のクッション素材「FINE REVO」を座面に用い、快適なミシンワーク体験へと誘います。

 

*FINE REVO(ファインレボ)

マットレスに使われている、ヘタリにくく、眠りの質が長時間持続する30年耐久クッション素材

OEKAKI50

AISIN DESIGN

 

作品「STITCH FIELD」をつく上げるのに使われた「おえかきミシン」は、空間の中にも顔をのぞかせます。絵を描くように自由に刺繍ができる「お絵かき」機能を会場でご体感いただき、創る喜びを思い起こしてください。

会場地図

主催

スーパースタジオ・ピュウ ラウンジ

住所: Via Tortona 27、Milan

アクセス: ミラノ市営地下鉄M2、

P.Ta Genova(ポルタ・ジェノバ)駅下車

アイシン精機株式会社

〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1

www.aisin.co.jp

制作

総合プロデューサー: 桐山登士樹(TRUNK)

 

会場設計: 森ひかる(ZITOMORI)

 

サウンドデザイン: 畑中正人

 

ライティングアドバイザー: 岡安泉

Milano Design Award 2016

“BEST ENGAGEMENT by IED” 受賞!

本展示は「Milano Design Award 2016」において今回出展した1,135組のブースの中から「Milano Design Award 2016 Best Engagement by IED」を受賞いたしました。
本件に関するニュースリリースはこちら