雇用の安定に関する基本的な考え方

雇用の安定に向けては、アイシングループが社会に必要とされることが前提です。そのためには、従業員一人ひとりが活躍・成長し、企業の健全かつ持続的な発展に寄与することが必要であり、その結果として、長期的な雇用の安定につながると考えます。

健全な労使関係で働きがいのある職場づくり

アイシングループのこれまでの発展の基盤には、長年培った労使の相互理解と信頼により築かれた健全な労使関係があります。労使間の問題は話し合いで解決を図ることを基本とし、労使協議会や労使懇談会を通して、会社を取り巻く環境や会社がめざすビジョンを労使が共に理解したうえで、双方が同じ方向をめざし、それぞれの立場で最善を尽くすとともに、労使にまたがる課題解決を進めています。

こうしたアイシングループ国内外共通の労使スタンス「人を大切にする」「労使の相互信頼」「車の両輪としての労使(相互協力)」を改めて明文化し、グループ国内外全社に周知・徹底しました。

経営トップと組合評議員との懇談会
経営トップと組合評議員との懇談会

雇用の安定

雇用の安定については、人事労務の基本的な考え方や制度をグループとして標準化し、それをベースにそれぞれの国や地域の関連する法令に基づいた施策立案を推進することで、人事労務に関するリスク低減と、健全な労使関係の構築に努めています。