多様なステークホルダーと対話しながらCSR経営を推進

アイシングループでは、お客様、株主・投資家様、仕入先様、従業員、地域社会などさまざまなステークホルダーとの対話を重視して、CSR活動を推進しています。

アイシン精機の一例

お客様

主な対話窓口:お客様相談室

「お客様相談室」を設け、住生活関連商品に関するお客様からのお問い合わせに迅速・的確・丁寧にお応えできるよう努めています。

仕入先様

主な対話窓口:調達企画管理部、資材調達部、各商品本部 企画部 調達グループ

仕入先様との連携をグループ一体となって深めるため、「新年交礼会」「技術交流会」「調達方針説明会」などを開催しています。

株主・投資家様

主な対話窓口:経理部

「決算発表」「決算IR 説明会」のほか、個別取材にも適時対応しています。
また、海外の投資家様に対しては、各地で説明会を開催しています。

従業員

主な対話窓口:人事部

日常業務の中での意思疎通、全社横断的な場での交流、上司と部下による面談、定期的な労使懇談会、従業員に対する意識調査など、従業員との対話を大切にしています。

地域社会

主な対話窓口:総務部

国内外の拠点において、アイシングループならではの地域に密着した社会貢献活動を展開しています。