組織統治

CSRマネジメント

すべてのステークホルダーから信頼される企業市民として、公正で透明性の高い経営活動を展開することが重要であると考え、コーポレート・ガバナンスの充実を図っています。

社会・地球の持続的発展への貢献をめざすアイシングループのCSR活動

CSRの推進はアイシングループが長期安定的に成長し発展していくための基盤であり、企業統治の前提です。この考え方を実行に移すために、社会・地球の持続的発展に貢献することや、ステークホルダーとの健全な関係の維持・発展に努めることなどを「アイシングループ企業行動憲章」として定め、この憲章に基づき、さまざまなテーマでCSR活動を推進しています。

また、国内のみならず海外のグループ会社に対しても、各国・各地域の実情を踏まえて本憲章の展開を進めています。

アイシングループ企業行動憲章

ポスター

教育・啓発を通じて企業行動憲章を浸透、実践

アイシングループでは、すべての従業員が「アイシングループ企業行動憲章」の精神を実践できるよう、具体的な行動基準となる「社会的責任を踏まえた行動指針」を策定し、推進しています。

この行動指針においては、「アイシングループ企業行動憲章」で定めた7つの原則である「安全・品質」「コンプライアンス」「情報開示・コミュニケーション」「人権・労働」「環境」「企業市民活動」「経営トップの姿勢」について、それぞれにQ&Aを設けることで、誰にでもわかりやすいものにするとともに、それを携帯できる冊子にまとめて全従業員に配布し、周知徹底を図っています。

また、従業員一人ひとりにCSRに対する意識を浸透させ、企業市民としての視点を踏まえた取り組みを定着させるために、階層別研修においてCSR研修(一般の従業員向け)とCSRマネジメント研修(管理者向け)を実施しています。さらに、海外拠点の経営幹部層向けにトップマネジメント研修を実施し、アイシングループの考え方である「アイシンウェイ」を理解・浸透させると同時にグローバルにCSR活動を推進しています。

トップマネジメント研修
トップマネジメント研修
海外拠点の経営幹部層を対象に実施

CSR活動の推進に関わる各種委員会を設置

「企業行動倫理委員会」や「危機管理委員会」「全社環境委員会」「輸出取引管理委員会」「中央安全衛生委員会」など、すべてのステークホルダーの関心や期待に応える経営を推進していくため、各種委員会を設置しています。

これらの委員会では、それぞれのテーマについて社内をモニタリングし、その結果を取締役会などに伝えることで、各活動の改善につなげています。